3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

島根の寺院で3Dプリントされた仏像を盗難防止に設置

島根の寺院で3Dプリントされた仏像を盗難防止に設置

3Dプリント仏像

 

日本の寺院で、盗難防止対策として、3Dプリントされた仏像を拝むことが開始されました。
日本の機関である文化庁が主催した最近の調査によると、2007から2009年にかけて、
歴史的な仏像などの彫刻の少なくとも105体の盗難があったことが明らかとなりました。
こうした犯罪は、警備やパトロールなどのゆるい、日本の過疎地​​域で発生しています。
こうした背景から、3Dプリンターによる仏像などの造形に期待がかかっています。

 
3Dプリントされた仏像

 
日本のニュースソースによると、3Dプリント仏像彫刻は、最近、島根県西部の江津市から15分にある清代寺に実現しました。
彫刻はこの寺院の大広間に設置されています。
この仏像は、もともとは鎌倉時代(1192から1333)に作られたもので、神島根文化財にも指定されている90センチある、
背の高い阿弥陀像のレプリカです。
最後の僧侶の住職が退職した後、その結果として清代寺は寺の後継者をなくし、世話をするものもなく寺は30年以上そのままになっていました。
昨年、住職は、3Dプリント造形の仏像を、低コストで高精度なレプリカとして作成すべく、島根県美術館にオリジナルの彫刻を手渡しました。
すぐ後に完成した3Dプリントレプリカは、サードパーティ製3Dプリントサービスによって作成され、寺に配送されました。
「永久に仏像の時間のすべてを保護する方法はありません」清代寺の現住職は述べています。
この住職は他の寺院も管理していますが、「この3Dプリントは、もともとの仏像のレプリカでも、寺を訪れる多くの人の心の中にあります。」

 

盗難防止用仏像

日本のニュースソースによると、過去20年以内に起因する盗難や火災などによる、歴史的オリジナル仏像の被害を防止する目的で、
それらの寺院などの場所に作成された3Dプリントのレプリカは160以上もあります。
インドでも仏像などの歴史的彫刻が、3Dプリンターで造形され、宝石や純金などを用いたものすらありますが、日本でもカスタムオーダーでき、
精密にオリジナル仏像を再現する3Dプリンターによるレプリカ仏像の作成をしているということです。
こうした彫刻や像、美術品など、盗難の恐れのあるもので、日常的に管理の難しいものなどは、
どんどん3Dプリンターを用いてレプリカを作成することで、簡単にこうした犯罪を防止する効果があります。
歴史的なもの、高級なものは、いったん盗難などにあうと二度と取り返しのつかないことにもなり、また宗教的にも問題になることがあります。
3Dプリンターはこうした犯罪防止の効果も今後ますます期待できます。
3Dプリント仏像


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top