3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

建築家、フランク・ロイド・ライトのアニー・ファイファー・チャペルを3Dプリントで復元

ニー•ファイファー•チャペル

アメリカの建築家、フランク·ロイド·ライトのユニークな建物は世界でも人気があります。

フロリダ中心とした彼の建築物のコンセプトは、grandomaniaのない大学の精神を表現する調和のとれた太陽の子を表現する12の建物などを設計しました。

アニー·ファイファー·チャペルの歴史は深く、1941年に完成、壁はモジュール筐体実験のために設計された装飾用テキスタイルブロックで作られた物です。

ライトはロープライス実現のため、大量生産されたブロックに装飾用のデザインを追加し、建築美のある石積みの建築を行いました。

1938から1941年の間に、この教会の建築にあたっては学生が労働に参加、 6000ものブロックは、
46のユニークなデザインがあり、堆積岩とコンクリートからキャスト、ジョイントしています。

キリスト教系の大学は日本でも寮や、チャペルを設置している所もありますが、こうした学生のキャンパス外の活動で、建築家が携わり、
学生と活動を共にするという概念はまだ、日本では未熟な段階にとどまっており、
企業や専門家の知識を学生に就職の時期の前に伝授するという前進的な姿勢は感銘できます。

現在、3Dプリント技術は、以前のブロックを作るための苦労をなくし、いまでは手作りの金型作成にも利用しています。

修復建築家ジェフ·ベイカーは、最終的にはアニー·ファイファー·チャペルの西壁のテキスタイル·ブロックのほとんどを置き換えるとしています。

歴史的資源や、国立公園局など、アメリカの財務は進行中のプロジェクトに資金を支援しました。
MakerbotとロストックマックスV23Dプリンターの3Dプリンターが主に使用されています。

3Dプリントで復元


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top