3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

強靭な3D印刷用素材が開発され、通常の1万倍の強度をもちます。

強靭な3D印刷用素材が開発され、通常の1万倍の強度をもちます。

強靭な3Dプリント用素材

ローレンス·リバモア国立研究所(LLNL)とマサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者は、
通常のフィラメントの1万倍以上の剛性を持つ超軽量素材を開発し、金属またはポリマーなど、様々な材料からの3Dプリントを可能にしました。

剛性と強度はマテリアルの密度とともに低下しますが、研究チームが開発したこのメタマテリアルは、少なくとも16万倍の自重の負荷に耐えることができます。
これは超低密度を持つ偉大な剛性と強度を組み合わせたナノスケールの特徴を持つmicrolatticeの使用に基づいています。

3Dプリントで利用価値のある高い剛性は、研究チームの調査結果によると、ポリマー、金属、セラミックスなどの複数の構成材料で、
感光原料材料の3次元部品の層を作成するためにマイクロミラーディスプレイチップを使用し、
マイクロ光の投射など高精度の3Dプリントプロセスにより実際に生産が可能になり、製作が不可能な複雑な3次元マイクロスケールの幾何学的形状を有する材料を生成することができます。

また、チームはポリマーセラミックのハイブリッドmicrolatticeを構築するために、セラミックナノ粒子を有するポリマーをロードし、
セラミック粒子を固体的に緻密化させ熱的に除去しました。

新しい固体セラミック材料も同様の強度および剛性特性を示しています。こ
れらの3Dプリント材料はいつか、航空機、自動車、宇宙車両用部品およびコンポーネントの開発などへの利用が期待されています。
研究チームの調査結果はサイエンス誌の6月20日の記事に掲載されています。

強靭な3Dプリント用素材


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top