3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

戦場の兵士の物資をあらゆる角度から3Dプリンターで印刷

戦場の兵士の物資をあらゆる角度から3Dプリンターで印刷

戦場の兵士の物資をあらゆる角度から3Dプリンター

3Dプリントの可能性が戦場の兵士達の物資にも変化を見せています。

米軍の研究者たちは3Dプリントによるこの技術について陸軍は兵士がアフガニスタンなどで、3Dプリンターによる梱包や、
製造ツールのモバイルラボを展開しており、兵士の食料や調理器を生産するための3Dプリントの利用法を調査し、
再生医療や3次元バイオ印刷技術による負傷兵士の負傷の回復、治療に皮膚細胞を印刷することなどの研究にも投資しています。

一方、3Dプリントによる武器の作成も行われています。
戦場という物資不足な環境において、3Dプリントはあらゆる物資をその場で制作できるということから、
この開発、研究には実質的利益をもたらすことが期待されています。

また、同じ陸軍技術で、兵士たちのフィールドの服や鎧の3Dプリントによる作成を図っています。
CHEM-バイオ保護、ボディアーマーシステム、手袋、帽子、ヘルメットカバーなど、技術センターの研究者は、
3Dプリントによる織物や衣服などの制作を実験、開発中です。

この技術は各兵士のためのカスタム衣類や機器を作るために使用することができ、この 3Dプリントの進歩により、
衣類に弾道材料を組み込むことを可能にし、3Dプリントにより安価に制作することができます。

3次元構造をもつ3Dプリントされた繊維と、それぞれの兵士の体によりフィットした戦闘用の衣類の作成により、
兵士たちはより服着用時の体重をへらすことが可能となり、今後動きやすい戦闘服などの製造が安価にできるようになることが期待されます。

戦場の兵士の物資をあらゆる角度


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top