3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

手術シミュレーションのための3Dプリント樹脂内臓を日本が発表

手術シミュレーションのための3Dプリント樹脂内臓を日本が発表

血管の見えるレプリカ

 

筑波大学の講師である大城幸雄氏ら、日本の科学者が、目に見える血管構造を持つ3Dプリント肝臓モデルをあらためて開発しました。

これまで、日本ではあまり実際的に3Dプリンターを利用した人口皮膚や細胞、人口骨のインプラントなどの実施の例はほとんどゼロといっていいほどありません。
医療工学としての3Dプリンターの利用は、欧米やアジアに遅れを大幅にとっている日本ですが、
世界中の医療研究室では、革命的な3Dプリンターによるカスタムオーダーの医療工学が研究され、実際利用も始まりつつあります。
今回、筑波大学と大日本印刷株式会社の研究者のチームの、3Dプリント肝臓モデルの特徴は、血管のラインが全てはっきりとプリントされて可視することに成功しました。
肝臓のレプリカは、特定の手術と治療のシミュレーションや病状の位置などの把握に重要な役割を果たし得ます。
モデル自体はCTスキャンなどから医療データに変換する、革命的な日本のソフトによって実行され3Dプリントされました。
はっきりと見える肝臓の完全な形状で、内部の血管や腫瘍の正確な詳細を簡単に調べることができます。
3dプリント肝臓
血管と腫瘍を実際的に見ることが可能になったことで、樹脂で透明に確実に現実的に病状を把握できます。
医療モデルとして実際的で、簡単で最も安い方法です。
これまでの製造方法は3,40万もかかり、3Dプリントの内臓レプリカは実用的でこの価格より迅速にはるかに安くできます。

 

正確な手術のために
日本のメディアによると、まだ臨床使用のための実行はしておらず、内部の臓器モデルは、唯一の研究目的のためにプリントアウトされ、主に使用されています。
しかし研究チームは膵臓などを含む、他の臓器の同様の3Dプリントモデルの研究開発を進め、今後2016年頃の3Dプリントモデルの肝臓の実用化を実現を願っています。
頭蓋骨インプラント
今後この内臓レプリカなどは、患者への説明と若い医師の手術シミュレーションなどにこれまでのように広く利用されていくということです。
ヨーロッパで、昨年日本の医師らが手術シミュレーションのための3Dプリント内臓レプリカを発表し、
実際このレプリカによる手術のシミュレーションなどは日本国内で行われてきています。

手術経験を重ねることが医師としての成長にとってとても重要なことであり、その練習の一端に、この3Dプリント内臓は、より実践的な病状と手術の流れの把握に役立ちます。
海外では中国や欧米のちいさな国の歯科や接骨院で人口骨のカスタムオーダーによるインプラントがおこなわれ、その材質もチタンなどがあります。
こうした流れから世界で医療工学としての3Dプリントに大いに期待がかかっています。

 


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top