3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

新しい造形法を利用した3Dプリンターが発売されます

新しい造形法を利用した3Dプリンターが発売されます

新3Dプリンター

3Dプリンターの技術として、現在二つの造形方法があります。
それは、溶融堆積モデリング(FDM)と光造形(SLA)です。

FDMはプラスチックを溶融し、印刷ベッドで積層し3Dオブジェクトを作成する3Dプリント技術です。
SLAは、1層を液状樹脂を硬化させるために、レーザーや光プロジェクターを使います。

新会社のオレンジメーカー™は、革新的な新しい特許出願中の技術を使用した3Dプリンターを発表し、これはHeliolithography(HL)と呼ばれています。
これは固形プラスチックに液状樹脂を重合し、超高精度にUV光を使用します。
積層に時間がかからない、3Dプリントの連続印刷プロセスを実現しました。

新しい造形法

OrangeMakerによると、この新技術は、フォローを含め、伝統的なSLAの3Dプリントプロセスに比べて多くの利点があります。
連続的かつ効率的なビルドプロセスと大規模で、スケーラブルなビルド領域に加え、超高解像度で、信頼性の高い印刷プロセスを持ちます。
エンジニア、芸術家、医療専門家、設計者など、高品質で信頼性の高いパフォーマンスを求めている多種多様で
創造的な人々には待望の3Dプリンターです。
特に印刷時間の短縮が実現し、今後の3Dプリンターの技術にも多く利用されることでしょう。

「Helios One」は2015年に発売予定で、詳細な仕様や価格は未発表ですが、いくつかのサードパーティの代理店を通じて直接購入できるようになります。


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top