3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

新素材フィラメントでブロンズ風造形が可能になる。

新素材フィラメントでブロンズ風造形が可能になる。

新素材

オランダのスタートアップColorFabbは、デスクトップ3Dプリンターのための革新的材料の開発で知られています。

2013年に設立され、これまでPLA + PHAフィラメント、WoodfillフィラメントとColorFabb XT (コポリエステル)繊維などの材料を導入しています。
来月、BronzeFillとBambooFillという新材料の発売が予定されています。
これらの金属のような素材感をもつフィラメントは造形の分野に新しい幅をもたせます。

BronzeFill はその80%が微細青銅粉末と混合PLA / PHA系化合物です。
材料は、標準的なPLAよりも4倍重く、本物の金属に近いです。

Bronzefillは、研磨すれば固体青銅製品として美しい金属光沢を得ることができます。研磨後に、レイヤーラインが消えます。
ColorFabbは、次の2ヶ月で集中的な材料試験を始め、最も簡単で効果的な方法で、印刷部分を繊細に研磨する代替的な方法を探しています。
第二の新素材は、 BambooFillフィラメント、 PLA / PHA系化合物の混合天然充填です。

BambooFillのために特別に選択された微粉化Bamboofiberが追加されました。
初期の試験は、BambooFill材料は非常に優れており非常に良好な接着性でほとんど反りはなく、機械的特性があります。

新素材


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top