3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

日本で徐々に人気を集める3Dプリントによる4WDレーシング

日本で徐々に人気を集める3Dプリントによる4WDレーシング

3Dプリントによる4WDレーシング

楽しいデスクトップ技術である3Dプリントは、アプリケーションも豊かになりました。

今回、3Dプリントによる、 4輪駆動のレースがFabCafe渋谷の関係企業により8月31日に東京で主催され、イベントで盛り上がりを見せました。

すべての年齢層のファンを集め、東京の中心部でイノベーションラボとしてミニ四駆大会を開催しました。
60以上の4WDファン – 子供、保護者、プロのカーデザイナーが – 彼らのミニカーレースと3Dプリントトロフィーを目指して、レーシングはエキサイティングに終日続きました。
ホンダのデザインチームが勝利し、グランドチャンピオンのタイトルを得ました。

3Dプリンターの機械が低価格で、個人にも利用されるようになり、利用素材である主に樹脂では、
こうした四駆自動車やその部品など、子供のおもちゃなどの自己制作には最適な機械です。

これらのバッテリ駆動、小型の4輪駆動のレーシングカーは、80年代から全国に特に人気があり、力学的車体や、
バンパー、タイヤとホイールのカスタマイズなど、全世代に非常に人気があります。
米国には「スロットカー」がありますが、この「四駆」車はリモコンで操作します。

四駆のプラスチック部品は、3Dプリント、CADソフトウェアとレーザーカットでカスタマイズされています。
参加者は自分の四駆のスピード、軽量化の為、すでに独自の技術を利用していることは驚きです。

参加者個々のカスタマイズレベルに対応するため、主催者は、3つの異なるトーナメントを用意し、子どもたちは全くプロのカーデザイナーによる
3Dプリント四駆カーのレースの爽快感も体験できました。初心者のグループでも3Dプリントによるカスタマイズのワークショップに参加できます。

3Dプリントによる4WDレーシング


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top