3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

日本における生体細胞移植研究分野への、未来までの期待

日本における生体細胞移植研究分野への、未来までの期待

BioPrinter-biobotsによる人工生体細胞

BioBotsという、3Dバイオプリンティングが、米のフィラデルフィアに位置する、ペンシルベニア大学の研究者により、スタートアップしました。
BioBotsは、生体組織を機能的に3次元構築する、高解像度なデスクトップの3D bioprinterで、FDMのプリンタと同様に一度に一層を積層し動作します。
そしてアガロース、コラーゲン、アルギン酸塩、およびポリエチレングリコールなどのヒドロゲルなどの素材によって作成されます。

注射器の外に押し出すようにして、青色光およびUV光技術に任意の生きている細胞を損傷することなく、材料を硬化するようにして使用されています。
biobotsという、低コストのbioprinterUV光マシンは、細胞組織または非生物足場を生きたまま作成し、異なる細胞型を印刷します。
骨組織や、今後は胃などの内臓の作成を試みます。

日本の医療組織に置いての、生体細胞の3Dプリント研究は、まだ全く手が付けられていません。
かわりに医療用のCT画像を、3Dプリンター用3Dデータに自動変換する、高性能なソフトが、日本の企業により、開発されています。
実際には、医療的に骨組織の移植までしか、行われていない日本で、これからBioBotsなどの導入により、生体細胞の3Dプリント研究も
、盛んに行われるようになれば、日本の生体細胞移植の研究分野にも、明るい光があたる事でしょう。

スタートアップは、現在の資金調達の目処もたっており、bioprinting研究をキックオフしています。
BioBotsプリンタを個人購入するなら、現在、米ドルで25000ドルで、予約注文を取っています。

ローコストバイオプリンター、バイオボット


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top