3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

日本における3Dプリンターの方向性と未来

日本における3Dプリンターの方向性と未来

日本の3Dプリンター

国際的な3Dプリンター市場は75パーセントと15パーセントの市場シェアで、米国とドイツが占めています。
日本のシェアは全体の0.3%ほどです。

日本政府は、洗練された3D成形技術など、3Dプリント機の研究開発に国際的3Dプリントプロジェクトの資金として40億円を割り当てています。
そのうち3.2億円は、工業用金属の最終用途製品を生産する3Dプリンターの研究開発をサポートするため、
5.5億円は、溶融堆積モデル、選択的レーザー焼結だけでなく、ポスト処理や粉末リサイクル技術を含む、超精密3次元印刷技術の開発に使用されます。
残り2.5億円は、新たな3次元計測装置および画像処理ソフトウェアの開発に使われます。

また、教育環境での3Dプリンターの使用をサポートし、学生にスキルと経験をあたえ作業を快適にし、3Dデータと3Dプリント技術の実務経験を提供します。

2014年に経済産業省は、3D金属印刷の研究開発で、法人産業技術総合研究所、東北大学と近畿大学や研究機関、三菱、日産、パナソニックなど、
27の日本企業と、新たな研究開発のイニシアチブを開始し、その目標は2015年までの、高品位の金属部品を印刷可能な試作機の完成で、
長期的には2020年までに最も進んだ工業用3Dプリンターを作り、3Dプリント市場に大きな影響を与えることです。

日本の3Dプリンター


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top