3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

日本のトヨタ・カーをThingiverseでダウンロードし3Dプリントする

日本のトヨタ・カーをThingiverseでダウンロードし3Dプリントする

reprap 3d printer

 

3Dプリンターを購入して、しばらく幾つかの作品を造形してみたら、今度はより複雑で、人に自慢したくなるような作品を3Dプリントしたくなります。

今回ご紹介するのは、その小型でもエンジンの本格的な特徴のある、日本のトヨタ車のプリントアウトの方法です。

 

トヨタエンジン

 

トヨタ22REエンジンの5速トランスミッションワーキングの3Dプリントの構築
5速トランスミッショントヨタ22REは、大型で複雑なモデルです。
ミニチュアレプリカでもリバースギアで作動します。
作り方は、シンプルでThingiverseからファイルをダウンロードして、ガイドに従ってください。
いくつかのベアリング、ねじなどはアマゾンから注文できます。

 

トヨタエンジン

 

RepRap Prusa 3Dプリンターで作られたエンジンは、元のサイズの35パーセントに縮小されたリバースエンジニアリングエンジンです。
磁石で組み立てられ、80の異なるコンポーネントは、PLAフィラメント1KGロール使い、34時間を必要としました。

Thingiverseからすべてのファイルをダウンロードして、基本的なガイドに従います。
パーツリスト、説明、および部品についての注意事項については、Excelのスプレッドシートを参照してください。
いくつかのベアリング、ねじ、あなたがアマゾンから注文することができ、ロッドを追加する必要があります。

米のエリックは、SolidWorksソフトウェアでこの全体の事を設計しました。
エリックのレクリエーションでは、単に彼自身のRepRap Prusa 3Dプリンタ用の最大の可能な選択肢に、元のサイズの35パーセントに縮小されたリバースエンジニアリングエンジンを製作しました。
磁石で組み立てられ、80の異なるコンポーネントは、おそらくPLAフィラメントの全体1KGロールを使い、34時間以上を要しました。

 

トヨタエンジン

 

こうした車の3Dプリントが、簡単に時間さえかければできるようになったところで、今度はエリックのように、自分で自分の車の3Dプリントデータを構築して、本格的に自分で3Dプリントしてみることです。
それは、ほかの誰もがもっていない、自分だけのオリジナルカーとして、自分の車や部屋に飾ることもできます。

格安の3Dプリンターでも、工夫し、繊細な設計をすることで、いくらでも複雑な動きを可能にした車などの大型のものが、ミニチュアアイテムとして、
また、大型の3Dプリンターも、現在は輸入なら4万程度で購入できますから、大型の造形作品を個人だけでなく学術的作品として、政策してみるのも、3Dプリンターの利用法の一つです。

 


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top