3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

日本の怪獣映画に影響され作られた、簡易ピンホールガメラというカメラ

日本の怪獣映画に影響され作られた、簡易ピンホールガメラというカメラ

3D print camera

 

3Dプリンターで、ピンホールカメラがつくれます。これまで、3Dプリンターを簡単に利用して、レンズやカメラの作成が行われ試験的に作られてきました。
しかし樹脂などによる製作は、レンズの歪みなどであまり良いものはそう甘く作れなかったのが現実です。
なんでもプリントアウトして製作できるようになってきて、素材も多種多様になった3Dプリンターのクリエイションワールド。
今後あらゆる生活の中の電化製品や乗り物までも作れるようになる兆しです。
ピンホールカメラの撮影
ピンホールガメラは、単一の小さな開口部を備えたレンズのない単純なカメラです。
写真を撮るのに、ピンホールでは、光がピンホールを介して効果的に投影され、ボックスの反対側に反転している箱の中に入ります。
印画紙が得られた画像に露出されると、記録された情景の写真が撮影されています。
テラピン怪獣6×18ピンホールカメラと呼ばれ、3Dプリンターによる造形物として、簡易カメラとして今、注目を集めています。
この純粋な機能性の観点から、適切に設計されたピンホールカメラであることに加えて、これを製作した、schlemさんのカメラのデザインは、
その製品を探している消費者のためのオンリーワンのカスタム製品​​を作成するための3Dプリントの完璧な例ともいえます。
ピンホールガメラ
このカメラは、120フィルムを使用しています。116.5度で6×18センチのフレームを備え、86ミリメートル同心フィルム面、F / 215の開口部を有しており、0.40ミリメートルのピンホールが設計されました。
写真は一貫して撮影する情景がオーバーまたはアンダー露光する瞬間を決定し、PINH5ADセットアップで動作します。

ガメラの作成には、STLファイルなどが必要になります。

0.40ミリメートルピンホール
4×M3ボルト10ミリメートルの長さ
2×M3ナット
三脚マウント用1 / 4-20フランジ付きナット
ファイルのような仕上げのツール
内部フラットブラックペイント(反射を最小限に抑えます)
インデックス作成ウィンドウのトランスルーセント赤いプラスチック
スーパーグルー
部品は、ボルトまたはそれらのスナップフィット設計機能を使用して組み立てることができます。
任意のアナログ写真の機器を取り扱う場合は、途中でフィルムが露出しないように注意する必要があります。
レトロな撮影
このような簡易カメラは、本格的な撮影には向いていませんが、アナログ的、レトロな価値のある撮影ができます。
携帯やデジカメによる高度な撮影の合間に、ちょっとした遊び時間ができそうです。


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top