3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

日本の経済の流れと3Dプリンター

日本の経済の流れと3Dプリンター

日本の経済と3Dプリンター

第二次世界大戦後九年の長い年月の後、池田勇人が首相としての任務を果たしました。
日本銀行は地元の銀行に融資を発行するようになり、日本の国立銀行は、地元の銀行の重債務の構造をほぼ完全に制御しました。
日本は大国の素質を持っていたのです。

日本の産業と通産省との緊密な関係の中で、造船、電力、石炭、鉄鋼生産のような戦略産業が競いあい、日本の経営者は、経済を活性化させる継続的な計画で、
市場の変動やへこみに対するクッションとしての低利益を受け入れることを望んでいました。
通産省は輸出を促進し、生産能力とインフラを強化するために外国為替資金を使用しました。

その後高度経済成長期を経て先進国の仲間入りをした日本ですが、現在は欧米の3Dプリンターメーカーは世界の中でリードをとっていますが、日本の同盟関係が追従しています。

日本政府は今、次の経済の奇跡を待ち、38億円を有望な3DプリントとAM研究に投資しました。
新系列の会員組織は、AMで3Dプリントコンポーネントを作成するための高度な技術を開発する研究グループに毎年50万円でチップを約束しており、
2015年には最新の試作機の準備をする準備があります。
独立行政法人産業技術総合研究所、東北大学、近畿大学と製造の世界に精通した、パナソニック、 IHI 、川崎重工業、小松、三菱重工業、日産自動車などの会社が新系列となります。

日本の経済と3Dプリンター


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top