3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

日本の高齢化社会にも活躍しそうな3Dプリント関節ジョイント

日本の高齢化社会にも活躍しそうな3Dプリント関節ジョイント

膝関節ジョイント

 

3Dプリントソリューションとして、これまで様々な医療医学的な人工骨などを開発してきた欧米企業の中で、
ConforMIS株式会社がカスタムオーダーの関節のジョイントを開発しました。
外科医はカスタマイズされた関節置換インプラントを印刷し作成するために、CTスキャンを使用した、
同社のIFITイメージツーインプラント技術プラットフォームを作成しました。

 
膝のインプラント

 
同社のIFITシステムは、標準的なCTスキャンデータに基づいて代替関節のカスタマイズされた3Dモデルを作成します。
そして、ソフトウェアを使用して、破損した部分を切り取る際、医師を支援するために、患者の骨の大きさで3Dプリント可能な切断ブロックを生成します。
3Dモデルはそれらのシステムによって自動化された後、交換ジョイントが選択的レーザ焼結プロセスを使用して作成されます。

カスタマイズされた関節置換の使用は、既存の大量生産システムの実現と、その関節の人体への正確なフィット感を実現するため、
患者の骨の空洞を除去する必要があります。
アメリカの老人
同社は、民間企業として、過去数年にわたる彼らの技術が、一株当たり15.00ドルで9,000,000株となった後、今週公開されました。
NASDAQで同社は1.35億ドルを調達しました。

資金を得て、同社は革新的なシステムを拡張することが可能となり、より多くの病院や独立した健康に関わる専門家が
システムを使用したウォームアップとして可能性の高いR&Dおよび販売チャネルの増加が期待されます。

関節ジョイントなどの人工膝関節置換手術は、このように現在欧米では期待される3Dプリンターを利用したカスタムオーダー医療技術の一つとして、注目を浴びており、アメリカだけでも相当な利益の期待される技術となりました。

日本でもこの高齢化社会の中で、関節を病む人々は大勢おり、その関節や病状による、必要な関節ジョイントの形状や材質は人それぞれ異なり、
こうした3Dプリンターを利用した人工膝関節置換技術は、カスタムオーダーを可能にした、最も期待される技術と言えます。

 

膝ジョイント
これまで、日本での3Dプリンターを利用した人工骨などの医療技術としては、
飼い犬の足の骨折の際の人工骨の3Dプリント人工骨の手術などが行われてきましたが、
世界ではすでに多くの3Dプリンターを利用した頭蓋骨や顎の手術が成功して、大きな病院でも導入されています。
今後の日本の高齢化社会に対応する、カスタムオーダーの人工関節ジョイントは期待されるところです。


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top