3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

日本の2Dプリンター三社が3Dプリンター事業に本格参入

日本の2Dプリンター三社が3Dプリンター事業に本格参入

日本の2Dプリンター三社が3Dプリンター事業に本格参入

リコージャパンは3Dプリンターフィールドにおいて、日本の精密機械メーカーのストリームに3Dプリンターの新しいストリームを描いています。

2016年度を目標に、リコーは、他のプリンター企業,キャノン、セイコーエプソンと共に3Dプリンターの開発を開始しています。

米の3Dプリンター企業に並び、今後日本製の精密な3Dプリンターの製造が期待されますが、この日本の2Dプリンター企業三社が、
3Dプリンターの開発において、本格的に世界に向けてそれをマーケットにのせることができるかは注目されるところです。

もともとその3Dプリントのアイディアは日本の工業大学教授により生まれたという説もありますが、現実的にそれが日本の企業で生産される段階で、
どのレベルで実現されるのか世界の期待のかかるところです

リコーは、世界的なリーダー3Dプリンター企業であるストラタシス、3Dシステムズなどによって供給された3Dプリンターを販売し、
この九月には厚木と神奈川で2事務所を設置します。リコーは顧客データに基づく、プロトタイプサービスを提供していきます。

市場においてリコーは独自の3Dプリンターを二百万から五百万円台で、中小企業向けに販売する予定で、
これまでの2Dインクジェットや他の印刷技術に基づいて3Dプリント技術の開発を開始すると発表しました。

キヤノンとセイコーエプソンでは、今後5年以内に3Dプリンターをロールアウトします。
キヤノンは既に3Dプリンターのプロトタイプを開発し、複雑な形状を製造するための高精度な技術を追求しています。
キヤノンマーケティング、グループは、金属素材を用いる3Dプリンターなど、再販業者である3D Systemsのネットワークに参加しました。

セイコーエプソンのように省エネと高精度の家庭用プリンタとして知られたブランドは、3Dプリンター事業として、
産業、複数材料3Dプリンターの開発に取り組み、5年以内に工業用途として3Dプリンターを市場へ送る見込みです。

日本の2Dプリンター三社が3Dプリンター事業に本格参入


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top