3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

戦国時代マップをRINKAKで3Dプリントできます!

戦国時代マップをRINKAKで3Dプリントできます!

マップバリエーション

 

Rinkak Marketplaceが、日本の古代の戦国時代の3Dプリントマップを作成しました。
歴史で習う、有名な戦いの現実的な、触覚マップをカスタマイズして、フルカラーの砂岩でそれらを3Dプリントしました。
RINKAKマップ
日本の戦国時代にかかる、1467年と1603年の間は、次の3つの軍閥、織田信長、豊臣秀吉と徳川家康によって統一された時代で、
1615年まで、社会の激変、政治的陰謀、そして強烈な軍事衝突で有名です。
各戦いの個々の物語はドラマや映画にもなり、若い人から高齢者を未だに釘付けにするものです。

歴史的な戦いについての知識は、ほとんどが教科書を読んだり、ドキュメンタリーなどによる知識です。
今回、3Dモデリングと3Dプリントが、日本の戦国時代の土地のマップをリアル化し、それをもっと現実的にしました。
戦いのルート
Rinkakのウェブサイトを通じて、ユーザーが織田信長や、関ヶ原の決戦を含む8つの異なる戦場を探索することができます。
1600のウェブサイトにある、封建時代の日本の支配者は、それぞれの戦いの簡単な説明と関連する軍隊、地理的特性のハイライトを見せます。

ユーザーが好みの戦いを選択したら、彼らは360度の水平回転と3Dの戦場マップを表示することができ、
立体的、現実的かつ歴史的に正確なパターンを追求します。
マップは3Dは5×5の、7×7のまたは10×10平方センチメートルのいずれかで、フルカラーの砂岩で印刷することができます。
各プリントの価格はそれぞれ二千円、四千円、六千円です。

地理や歴史について学ぶためにユーザーのための楽しい活動に、 Rinkakの使いやすいウェブサイト、
手頃な価格設定と包括的な3Dプリントサービスで、戦国時代のマップを立体プリントします。
こうして鮮やかに実際的にプリントされているのを見ると、まるでゲームの景品のような感じもしますが、
本格的に、当時の戦争をリアル化してチェックするには、こうしたものが役立ってきます。

3D 地図サービス「Rinkak でこぼこMAP -戦国合戦地図編」は、以下のサイトでチェックできます。
https://www.rinkak.com/jp/map3d/sengoku/

現代マップ
Rinkakは、企業とユーザーの両方が、そのネットワーク上で3Dモデルを設計し、その市場を通じて、
3Dプリント製品を販売することができる日本語ベースのオンライン3Dプリントプラットフォームです。
最近、Rinkakの管理会社Kabukuは、3Dプリント市場を後押しするグローバル・ブレインから$ 3.3万ドルの投資を受けました。

 


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top