3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

日本人3Dプリンター作家小林岳人の繰り広げる世界

日本人3Dプリンター作家小林岳人の繰り広げる世界

小林岳人の薬師如来像

世界中に日本のアニメやコミックが一代ブームを呼んでいる今、東京在住の現代アーティスト、小林岳人のプロジェクトでは、日本の将軍時代の文化と芸術を昇華させています。

時代や文化の発展と共に、その国々で多様な変化を見せる宗教的な彫像は、現代になり、こうした3Dプリンター芸術による世界で斬新な変貌をとげ、表現されています。多様な素材として、金属やセラミックの彫像が作成可能になった3Dプリンターの世界で、また新しい姿の仏像や銅像が、広く普及することは、新しい芸術の発展とも言えます。
小林岳人は、ビジュアルアーティスト坂巻義則とのコラボレーションや、近代茶道など、3Dプリンターの世界で日本的で新しい技術を発表しています。

「3Dプリント現代仏教の彫像」と題し、今回小林氏は、古代の縄文時代から現代のアニメやマンガサブカルチャーにいたるまで、日本の多様な社会のカリスマ的仏像を3Dプリンターにより目指しています。この薬師寺如来は、すべての病気を治すことができ、Shoumen-金剛として、背の高い、マルチパートの3Dプリント造形をみせました。
彫像のアイドルに抵抗のある人でも、これは多少フィギュアや人形などのテイストを持つもので、新しい彫像文化の始まりを感じさせます。

小林氏は、複数の3Dプリント会社との協力を将来的に期待しています。


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top