3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

日本製3Dプリンター、Ninjabot

日本製3Dプリンター、Ninjabot

ninjabot

 

Ninjabotは設計を株式会社アイツーアイ技研が、そして製造・販売を合同会社ニンジャボットが行う静岡の日本企業です。

そして、造形サイズやヘッド数の異なるラインナップとして現在4種類の3Dプリンターが販売されています。
FDM-200
285,000円
FDM-200W
310,000円
FDM-300
435,000円
FDM-300W
460,000円

ninjabotの造形
ニンジャボットは熱溶解積層方式(fused deposition modeling、FDM)の3Dプリンターで、積層ピッチや造形精度のみならず
、まずは堅牢であること、比較的大きなものが作れること、メンテナンスがしやすい事が特徴の国産3Dプリンターです。

3Dプリンターや3次元CAD、スライサーソフトなどの知識をある程度持ち合わせている方、
あるいは今後このような知識を習得しようという方が担当として存在している企業様や個人起業家や教育機関向けに想定しています。
このクラスの3Dプリンターはいまだ使う側にある程度の慣れと多少の不具合への理解を必要とします。
そのため、この3Dプリンターの現実的な運用を考えた場合、少しくらいの日常のメンテナンスや簡便な不具合解消程度は
メーカーにセンドバックせずとも社内で対応出来た方がよく、オープンフレーム方式でどこからでもネジが脱着でき、構造もできるだけシンプルにし、
社内でストレスなくメンテナンスが行える設計です。

オープンタイプのフレーム構造

 


*Ninjabotの11の主な特徴
01 安心と信頼の国内アッセンブリ
国内工場で丁寧につくり上げた日の丸3Dプリンターです。
パーツやアクセサリーの供給、電話サポートも国内で対応します。

02 クラス最大級のワークエリア
ニンジャボットのワークエリア(プリント可能な大きさ)は200mm×200mm×200mmと300mm×300mm×300mmの2タイプ。
容量にして8L。牛乳パック8本分の容量です。

03 実用性重視のオープンタイプのフレーム型構造を採用
ニンジャボットの第一の特徴はオープンタイプでがっしりとしたフレームスタイルにあります。

04 2つのカラーや2つの異なる素材を同時に使えるダブルヘッドタイプ
ダブルヘッドモデルは異なる2色のフィラメントを利用して2色の造形物をプリントすることが可能です。
また、2つのヘッドに別々の素材を使うこともできます。

05 最小積層ピッチは0.05mm
ニンジャボットの積層ピッチは最小0.05mm。

06柔軟性のある素材も使用できるプリンターヘッド直結エクストルーダ。クリアーカラーでフィラメントの状況確認も容易
FDM式の3Dプリンターでプリントできる素材はPLAやABSといった樹脂だけでなく、Woodや、HIPS、PVA、
ナイロンやペット(ペットボトルの素材)、ポリーボネート、炭素繊維を混入したものなどあります。

07 多種類の素材にも対応できるヒーター付成型テーブルをご用意
PLA専用で手軽に使えるノーマルテーブルタイプとPLA、ABS、PVA、Wood、PET、HIPS、
ナイロンなど多彩な素材が使用できるヒーター付成型テーブルタイプの2つ。

08 液晶コントローラー付のスタンドアローンタイプもご用意
標準タイプの3Dプリンターでは本体をPCに接続し、PCからプリンターを操作しますのでPCが不可欠ですが、
液晶コントローラー付のモデルであればSDカード経由でデーターを直接コントローラーに読み込ませ、
プリント操作ができますのでPCとの接続の必要がありません。

09 造形物を冷却し仕上がり精度を向上させる冷却ファン
冷却ファンを標準装備。重力による樹脂のダレを減少させるのに役立ちます。

10 高い静寂性
ニンジャボットはきしみが少なく、駆動音は思いのほか静かです。オフィスの片隅に置いて稼働させても、邪魔になりません。

11 品質に定評のあるPolymakr社のPLAフィラメント
高品質の純正フィラメントを3種類お届けします。
ニンジャボットシリーズ

 

Ninnjabotのお求めやさらなる情報は公式サイトでご確認いただけます。
http://ninjabot.jp/


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top