3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

日産の3Dプリントを利用した車部品の製造

日産の3Dプリントを利用した車部品の製造

日産の3Dプリントを利用した車部品の製造

世界のトップのF1チームで40年を超える経験から、CRPグループは、二輪のレース車の開発・製造において、特有の分野で優れたノウハウがあり、
3Dプリントによる製造方法に加え、 SLS材料、CRPテクノロジーによるモータースポーツ、航空宇宙、航空産業の分野を網羅しています。

3Dプリント技術で、日産デルタウイングレースカーの部品を製造しました。
プロトタイプ作成とテストで3Dプリントとレーザー焼結ウインドフォームXT2.0素材を使用しています。

日本の日産が、3Dプリンタ技術を実際の車に使用していくことで、今後他の日本車企業や、海外の企業にも3Dプリント技術を利用したあらゆる車用部品や、
学術的に大学でのメカ技術研究分野などにも広く今後3Dプリントが取り入れられ、小規模なロボットの製造などにも3Dプリントが多く使われるようになります。

今回、日産はCRP技術と、レーザー焼結Windform XT2.0を使用し、空気入口ダクト及びフィルタ筐体、
足回り延長フランジ、またギアボックスサイドカバーを構築しました。

Windform XT2.0は、正確で信頼性と耐久性に優れたプロトタイプを作ることができ、3Dプリントに加え、製造使用のハイテク素材は、
モータースポーツ用部品製造で使われ、機能的なアプリケーションとして最適です。

これまで、時間とコストの両方で非常に無駄なコストと時間をかけていた車の部品製造の分野が、日産が利用する3Dプリントで、
デルタウイングチームはクオリティは維持したまま、製造行程を、より簡易にすることができます。

日産の3Dプリント


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top