3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

日経ものづくりセミナー 3Dプリンティング・シンポジウム2015

日経ものづくりセミナー 3Dプリンティング・シンポジウム2015

3Dプリンティングシンポジウム

 

日経ものづくりセミナー、3Dプリンティング・シンポジウム2015が、この8日に目黒雅叙園にて開催されます。
日程: 2015年06月08日
会場: 目黒雅叙園 [東京都目黒区下目黒1-8-1]
主催: 日経ものづくり
3Dプリンティングを活用した新しいビジネスモデルや新製品が次々と登場していますが、
切削加工や型を使った成形などの既存工法とは異なっている、3Dプリンティングならではの特徴を活かしたり、
既存工法とうまく融合させたりすることで、従来にない付加価値を提供することが可能になってきます。

日本でも、3Dプリンティングを活用して特徴的な製品やサービスを提供しようという取り組みが増えているところで、
この日経ものづくりセミナー、3Dプリンティング・シンポジウムでは先進ユーザーの事例から、
3Dプリンティングを活用することにより、どのような製品やサービスが可能になるのか、その強みとは何かについて探ります。ぜひご参加ください。
日経ものづくり
日経ものづくりは、月刊誌もあり、日経BP社が発行しています。この月刊誌には、日本の製造業の技術者へ向けた総合情報が記載されています。
今回その中での3Dプリンティングにフォーカスをあてたイベントとなっています。
この月刊誌は、2004年4月創刊、毎月1日に発行されています。
一部売価格は1,400円。購読料は一年(12冊)が12,000円、3年(36冊)が26,000円。
日経と3Dプリンター
2年前から日本でも本格的資本投入の始まった3Dプリンターの日本での浸透は目覚ましく、徐々に企業にも取り上げられています。
特に今年はイベントや展示会も多く開催され、また3Dプリンターの日本製のものや、3Dプリンターを利用した数々の製品が開発されているところです。
3Dプリンターで医療用のCT映像を3Dデータに変換する国産ソフトや、また拳銃などの製造を避けるソフトなども開発されています。
またオンラインでは、3Dプリンターで作るいろいろな製品が、国内のサイトでも多く紹介されています。
目黒雅叙園

日本の経済にフォーカスを当てている日経も、3Dプリンティングの国内での進化に広く目を向け、企業や個人に紹介していっています。
こうして3Dプリントの世界が、国内でも広まることで、多くの特にカスタムオーダーを必要とする製造分野では義手や義足、
また、建築・設計ではモデル用の模型や、工業・製造業では金型や金属パーツなどの製造に、
時間やコストをかけない、速やかで微細な製造方法として多く取り上げられています。

 

セミナーの詳細・お申し込みは下記サイトから行えます。
3Dプリンティング・シンポジウム2015


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top