3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

最先端3Dプリンターの医学テクニックの実際的利用法、シミュレーション

最先端3Dプリンターの医学テクニックの実際的利用法、シミュレーション

3Dプリントの医学テクニック

3Dプリントの医学での利用は人工内臓、骨をはじめ、筋肉から皮膚細胞までにいたり、腎臓や肝臓の3Dプリントによる人工製造に現在期待がかかっています。

中国で、頭蓋骨の事故損壊を修復する手術で、チタンメッシュカバーに3次元印刷技術を用いて印刷し、
それを使用しました。手術には3時間半かかり、無事3Dメッシュを移植しました。
手術前に患者の頭蓋骨の3Dモデルをプリントアウトし手術シミュレーションで使用、実際の手術中にもその経過進行のモデルとして利用できます。

また、北京の12歳の少年に、3Dプリンターで作成し、カスタマイズされた脊椎骨を使った世界初の椎骨置換術を行っています。

多くのマウスを使用した人工皮膚や細胞のテクニックが、日本を中心に大きく展開していますが、話題にとどまらず、
従来の歴史的医学として、骨などは死体などからも適用していることがあり、それは世界的に大きな道徳的、宗教的波紋をよびます。
こうした流れから、このような3Dプリンター技術の進化・発展による細胞などの人工製造には、
将来的に格安で繊細な最新の知識的素材の開発として大きな期待がかかっています。

米国で、コーネル大学の研究者が見て、耳の全部または一部が欠落している患者に、3Dプリンターを使用した人工の耳を設計しています。
耳の軟骨は複雑で、合成プロテーゼは再現しづらいが、従来の方法で、肋軟骨から耳を削りだし交換するのは、柔軟性があり、強度もある。
プロセスは、デジタル化された3D画像に基づいてプラスチック金型を構築し、高密度な生きた細胞からなる注入可能なゲルで金型を充填します。
モールドが除去されると、軟骨は、コラーゲンとヒト細胞を使用して、特に患者本人の物は、拒絶反応の可能性を減少させます。

ニューヨークのセントルークルーズベルト病院センターでは、人間の患者で最初に成功したインプラントの3Dプリント気管の適用に、
完全に生物学的物質から気管を生成する3Dプリンターを使用しています。

NYUランゴーン医療センターの外科医のチームは患者に最先端の顎の手術を行っており、その下顎の腫瘍は、
しばしば、骨、軟組織、歯の交換を必要とし、複雑ですが、3Dプリントを使用しています。腫瘍を有する患者の顎の骨の大部分を除去した後、
外科医は、1つの操作で歯科補綴物を移植した腓骨の骨の部分を使用して、患者の顎を再建しました。

3Dプリントの医学テクニック


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top