3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

東京の表参道で昨年行われた3Dプリントイベント「創造の未来(The Future of Making Things)」

東京の表参道で昨年行われた3Dプリントイベント「創造の未来(The Future of Making Things)」

ギャラリー看板

 

オートデスクは東京・表参道で「創造の未来(The Future of Making Things)」というテーマで、昨年10月に期間限定の展示会、体験イベントを開催しました。

3Dソフトによる設計、デザインと様々なCNC(コンピューター制御)の工作機械によるものづくり最前線を、業界横断型に紹介したもので、
BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)やCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)などのソフトで有名なオートデスクは、
昨年10月23日~11月8日、東京・表参道で「Gallery Pop-Up Tokyo」というギャラリーを開催し好評を博しました。

2階建ての会場には、国内外から集められた40点以上の作品が所狭しと展示され、その活用分野は建築だけでなく自動車やファッション、
そして医療分野や芸術にまで至るものです。
Autodesk collections
「The Future of Making Things」― 創造の未来 ―をテーマにして、デザインや設計、エンジニアリングのストーリーを集めたギャラリー
Gallery Pop-Up Tokyo では、プロダクト デザイン、アーキテクチュア、社会インフラ、エンタテインメント、アート、ファッションなどの幅広い分野から、最新のテクノロジーを取り入れた展示とトーク イベントを行いました。

デザイン ソフトウェアや 3D プリンタ、レーザー カッターなどを使ったワークショップを開催し、
アーチストやプロダクト デザイナーと交流するスペースがあり、来場者は、これらを体感し、デザインやテクノロジに対する興味や、
未来に対する期待感を高めるように、会場全体がデザインされていました。
the future of making things

 

近年、新しい技術を利用した製造や建設、消費者の購買行動の変化、イノベーティブな製品を生むコラボレーション環境などが組み合わさって、
何かを作る方法が全く新しい方向に転換しています。
これにより、世界の産業構造は著しい変化に直面しています。
オートデスクでは、最新技術を取り入れた幅広いアプリケーションとサービスを提供しています。
お客様がこうした市場環境の変化にも対応できるように、当社は将来必要になるデザインとワークフローを業界の先頭に立って提案していきます。

Autodesk 社員

 


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top