3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

東京ビッグサイト、3Dprinting 2015 Additive Manufacturing Technology Exhibition その1

東京ビッグサイト、3Dprinting 2015 Additive Manufacturing Technology Exhibition その1

3Dプリンター2015

2015年01月28日~2015年01月30日まで、東京ビッグサイトで大きく開催された3D Printing 2015 Additive Manufacturing Technology Exhibition
日本国内や世界からの主立った3Dプリンター関連企業、フィラメント素材企業が集結して、多くのブースが展示を行っておりました。
3日間の総参加者数は同時開催展も含むと約50,000人にのぼり、大盛況のうちに閉幕いたしました。

出展ブースの中でも、一際興味を集めていたのが米国のstratasys社、makerbot事業部の数多くの3Dプリントアイテム、三菱マテリアルの切削協力により、
共同出展が実現した、大型のMUTOHオリジナル、アーク溶接金属3Dプリンターです。
その場で何回か実際に金属質印刷物を3Dプリントアウトし、来場者の興味を引いていました。

アーク金属溶接3Dプリンター

protolabsの3Dプリント作成した金属製パーツも、精密な輝きをみせ、その製作コストや製作日数の迅速さにおいて突出しており、
来場者の興味の集まるところでした。

proto labs

台湾のXYZプリンティングから発売され、その価格と精密さが、個人客にも人気をよぶ、3Dプリンター、DaVinci1.0
他社企業の出展者も注目していた、個人利用にオススメの3Dプリンターでした。

XYZプリンティングジャパン

Mcor IRISは、世界で唯一A4コピー用紙を原材料とし100万色以上を再現できる3Dプリンターとして注目をあびていました。

Mcro IRIS

製造業界や医療業界など企業からの来場者が大半を占めた今回の東京ビッグサイトでの3Dプリンター2015のイベントでした。
まだ国内においては、企業への導入や、開発ははじまったばかりとも言え、動向を伺っているところも多いのではと感じました。

今後、こうした3Dプリンターイベントの多くの展示により、地方の学校や企業に多く3Dプリンターが導入され、
またそれを利用した依頼注文や、個人製作、注文など、急速に3Dプリンターの利用の加速化することが期待されます。


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top