3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

東京ビッグサイト、3Dprinting 2015 Additive Manufacturing Technology Exhibition その2

東京ビッグサイト、3Dprinting 2015 Additive Manufacturing Technology Exhibition その2

3Dプリントアイテム

2015年01月28日~2015年01月30日まで、東京ビッグサイトで大きく開催された3D Printing 2015 Additive Manufacturing Technology Exhibitionは、
同時に行われた、ナノテクノロジー、ASTEC、SURTEC2015の開催とともに、全国、世界から過去最多30カ国の地域から1315社、2055ブースが集合しました。

まだまだ世界的には早いとは言えない、日本国内に置いての3Dプリンター技術などの研究開発を加速させる、
次世代の3Dプリンター/関連サービスが一堂にあつまり、多くの参加者を魅了しました。

参加した企業は、stratasys Japanや、3Dsystems japanや、ボンサイラボ、NTTデータエンジニアリングシステムズ、Rolandなどの有名3Dプリンター企業をはじめ、
国内企業向けの武藤工業や佐藤精機、愛知産業以下多数の企業や海外企業も、それぞれの最新精密3Dプリンターをブースで紹介し、
また3Dデータより印刷したそれぞれの3Dプリント造形物を多数展示、担当技術者や営業が、それぞれ訪問する企業や報道代表に的確な回答を示していました。

3Dプリント造形物

飯野エレクトロニクス株式会社は、群馬県高崎市にある企業で、3Dプリントスタジオを同県で運営しています。
今回の3Dプリンター2015では、3Dスタジオと有限会社佐藤製機、有限会社氷川工作所との三社合同で、3Dプリンターでの造形、
3DCAD設計をするモデレンジャーとしても、ブースを出展し、盛況を呼んでいました。

飯野エレクトロニクス株式会社

愛知産業は、ドイツのSLMソリューション社製の金属3Dプリンターと、イギリスのLPW社製の金属鉱物パウダーを使用し、
うまくコラボレーションさせた試作加工だけでなく、生産設備として、
精度と効率の優れたシステムを製造プロセスの各フェーズでパーツやツールの製作を可能にしました。
愛知産業

TRAFAM Technology Research Association for Future Additive Manufacturing は平成26年4月に発足した研究組合です。
次世代型産業用3Dプリンタ 技術開発及び超精密三次元造形システム技術開発に関する展示が行われました

Dプリンタ技術開発

株式会社ムトーエンジニアリングは、主に学校教育市場において、グループの設計製図機械や、2次元&3次元CADなど、幅広く提供しています。
今回は主力製品である、自社開発の「M-Draf(エムドラフ)」シリーズやAutodesk社製CADソフトウエアなどに触れることができました。

ムトーエンジニアリング

その他にもDMMなど国内企業の出展も多く見られた、3Dプリンター2015イベントでした。
まだまだ国産の3Dプリント機種は少ないですが、これからの動向に目が離せませません。

DMMブース


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top