3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

東京ビッグサイト、XYZプリンティングジャパンのブース紹介

東京ビッグサイト、XYZプリンティングジャパンのブース紹介

XYZプリンティングジャパン

東京ビッグサイトで、明るい会社ロゴで目をひいていた、台湾の企業、XYZプリンティングは、4年に6万9800円で、個人向け3Dプリンター「ダヴィンチ 1.0」を発表しました。

当時からこの価格は個人ユースの味方であり、その機能も充実した3Dプリンターです。オンラインや電化店で大きく販売展開しています。
米国では、499ドルですが、価格が気になるフィラメントも、600gで3280円となっています。
個人向け3Dプリンター、3D Systemsの「Cube」のフィラメントは6300円ですから、半額程度です。
素材はABS樹脂で、レッド、ブルー、イエロー、ホワイト、グリーン、ブラックの6色から12色が揃います。
最大造形サイズが200 x 200 x 200mmと大きめ、本体サイズは幅468 x 高さ558 x 奥行き510mm、重量は約23.5kgあります。
もう一つの特徴は、3Dビューアーソフト「XYZware」がバンドルされること。
CADソフトではないためモデリングは不可能ですが、3Dモデルデータを読み込んで、ズームや回転で細部を確認できるほか、
プリント時のサイズ調節や品質の設定などが可能です。
ソフトが付属しているので使い安いと言えます。

PC対応OSはWindowsがXPおよび7、Mac OS Xが10.8以降です。
造形(積層)精度もすぐれており、操作にも前面にはフィラメントの残量表示や予想プリント時間が表示可能なLCDパネルを装備し、
カタカナによる日本語表示にも対応しています。

XYZプリンティングジャパン


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top