3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

核廃棄の費用節約に3Dプリンターを利用する

核廃棄の費用節約に3Dプリンターを利用する

核廃棄と3Dプリンター

セラフィールドの所有者は、危険な核プラントの一部を廃止し、コストとスケジュールの節約を提供する3Dプリンターの新技術を導入しようとしています。

セラフィールドは英国で最大かつ最も複雑な核の格納庫で、および英国の軍事および民生用原子力プログラムの両方からの核廃棄物を処理しています。
セラフィールドのサイトのいくつかは、現在、廃炉や解体を受け、70億£の周りの廃炉にかかる全ての費用は、英国の納税者の負担となります。

セラフィールド株式会社は、高騰廃炉費用のための公共会計委員会と会計検査院からの批判に直面しています。
セラフィールドは50年前から核プラントが非常に速いスピードで建設された当時、核の安全な廃棄が優先的ではなく、多くの部品やコンポーネントは一回限りのデザインでした。
このため3Dプリントが注目され、それは数時間でカスタムおよび複雑な部品を製造するために使用することができ、コストが格安になることからそれは原子力産業に適応しています。

日本の多くの原子力発電所にも利用できるかもしれません。

産業用プリンタはより実用化し、GE、BAEシステムズとシーメンスなどの企業は、生産に3Dプリントを使用しています。
セラフィールドは、部品を製造するために3Dプリントを使用する最初の核サイトの一つになります。

核廃棄と3Dプリンター


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top