3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

業界初!造形後に形状カスタマイズ可能な 3Dプリンター用「形状記憶ポリマー」

業界初!造形後に形状カスタマイズ可能な 3Dプリンター用「形状記憶ポリマー」

キョーラク株式会社(本社:大阪府中央区、代表取締役社長:長瀬 孝充、以下 キョーラク)と株式会社SMPテクノロジーズ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:林 俊一)は、共同開発した人体に優しく医療・教育分野で使用可能な形状記憶フィラメント『SMP55』(6,600円 税込/送料・手数料込)を、2016年6月29日(水)にキョーラクの3Dプリンターマテリアルブランド「フィラメント工房(R)」より発売しました。

3Dプリンター用「形状記憶ポリマー」

■SMP開発の経緯と特徴
3Dプリンターブームのなか、特にFDM(熱溶解積層)方式※は本体価格が最も安く、操作や造形物の後処理が簡単なことから、教育現場や医療現場への導入に向けて注目されています。しかし、使用できる材料は硬い樹脂がほとんどで肌に触れる造形物には適さず、また造形後に形を変えることができないために3Dデータを精度良く作成するスキルが求められるなど、使用にあたってのハードルもありました。
フィラメント工房(R)の「SMP55」は、温めることで軟化して容易に形状を変形できると共に、変形後に再び温めることで元形状に回帰する性質を持つ特殊フィラメントです。
SMPには形状記憶特性だけではなく生態適合性があり人体に優しい素材です。
「メガネ」「ギプス」「注射針」「下着」など直接肌に触れる製品に多く採用されています。

フィラメント工房(R)
https://www.krk.co.jp/attention_info/filament.html


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top