3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

次世代心臓ペースメーカーの作成過程に、3Dプリンターモデルを利用

次世代心臓ペースメーカーの作成過程に、3Dプリンターモデルを利用

3Dハート

薄い弾性膜の繊細で精密なこの本当の内臓のような装置。ウサギの心臓の上に取り付けられた心臓装置です。
膜は、心機能を監視し、不規則な心拍を修正するため電気インパルスを提供し、電極のネットワークに連動します。
心臓デバイス 
アメリカ・セントルイスのアーバナ・シャンペーン校、ワシントン大学のイリノイ大学の研究者は1日、
心臓発作の予防に役立つ可能性のある新しいデバイスを開発しました。
この革命的次世代心臓ペースメーカーは、既存のペースメーカーや植込み型除細動器とは異なり、新しいデバイスは、フリーサイズで、
カスタムメイドの手袋にストレッチするように設計された、薄い、弾性膜です。

栄養と酸素を豊富に含む溶液中で、体の外側を破って保持されたウサギの心臓での研究では、新しい心臓装置の、
センサーおよび電極のクモの巣のようなネットワークにより、薄い伸縮性膜は体内にフィットするカスタム設計です。
イリノイ大学の材料科学者ジョン・ロジャースは、新しいデバイスをチームと共同で開発しました。

 
繊細な心臓ペースメーカー

 
心臓のプラスチックモデルを作成するために、高分解能イメージング、コンピューターモデリング、および3Dプリンターを使用しています。
実際的なネットワークやサイズ、形状などが明確に確認できる画期的な発想です。
ロジャースは、心臓の自然な膜や心膜にシリコンバージョンを適用しました。
「この人工心膜は、臨床心臓病学に関連するさまざまな方法で感知し、心と対話できる高品質で人工の機器である。」とロジャースは言いました。

ワシントン大学の生物医学エンジニアイゴールエフィーモフは、設計を支援し、新しいデバイスをテストします。
特殊な電極の膜のクモの巣のようなネットワークが継続的に心臓の電気的活動を監視し、
健康的な速度のハートビートを保つことができると言います。

「この次世代心臓ペースメーカーの機能により、心臓発作や不整脈などの致命的な症状を感知した場合に、高精細療法を適用できます。
不整脈を停止し心臓突然死を予防する最適な方法で、デバイス上の異なる場所から、電気刺激を刺激を適用することができるようになります。」
エフィーモフはのべます。
そして彼らの研究はNature誌コミュニケーションズでも公開されています。
電極ネットワーク
現在、人工骨や、歯のインプラントなどで世界的に実用化されている3Dプリンターの医学技術的カスタムMADEの簡易性、
ローコスト、ファストメイド性などは、広く受け入れられる希望の医療技術です。
難しい内臓の手術シミュレーションや、実際の人工皮膚や細胞にも研究が進められています。
今回のような次世代心臓ペースメーカーなど、非常に重要な人間の内臓の部位が、精密に3Dプリンターにより実現されることで、
実際の研究の進みかたは多いにちがっていきます。日本の期待される医療革命の一つです。

 


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top