3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

注目の3Dバイオプリント、人口耳

注目の3Dバイオプリント、人口耳

バイオプリント耳

医療3Dプリントの技術革新は目覚しいものがあります。

3Dプリントの人工骨や歯のインプラントは実際に海外の病院で利用されはじめています。

3Dバイオプリントによる、人口皮膚や内臓の研究も日々進化している現在です。
オランダの研究者がバイオマテリアル3Dプリンタで働き始めたとき、2013年には人口内臓などの3Dプリントもすぐに実現するような兆しでした。

現在、複雑な器官や血管構造はまだできていないものの、その希望は見えています。

VUmcチームは鼻と耳の再建手続きのために、3Dプリントによる、軟骨構造に焦点を当て、それが数年以内に実現することができるとしています。

VUmcの整形手術部門の医師と研究者エルンスト・ヤン・ボスは、3Dプリントで何ができるかについて、あまりに楽観視しています。

ボスは、すべてオランダのメディアで話題に達し、国際科学のウェブサイトのFlintwave上とオランダ被害者協会などとVUmcから裏でクラウドファンディングを通じて3Dバイオプリンターを購入しました。

3Dバイオプリンターは、特に火傷の被害者を支援する目的で、ヒト組織を印刷することが目標です。

しかし、これはそれほど簡単ではありません。溶液はヒト組織の再生に存在し、それが3Dプリントできます。

主には、治癒する自然な人間の能力を支援することに焦点を当て、すでに再生医療の分野で起こっており、幹細胞移植を通って、軟骨の欠損を復元するために、患者自身の細胞を使用することによって実現します。

バイオプリント耳

3Dプリントは、そのプロセスをスピードアップするための解決策と見られますが、単に組織は、細胞が相互作用し、生き残ること、模倣することができることを保証するために、細胞の多くの研究を必要とします。

軟骨については、最後の2年間で達成されました。

現状では患者自身の軟骨を移植することにより得ることができるが、それは通常、少量でのみ使用可能です。

患者はそのためシリコーンで補強します。

それらは、それらの元の位置からずれると、頻繁に交換する必要があり、変色する傾向があります。

軟骨は比較的単純な組織であり、それは、血管または他の複雑な構造を必要としないため、3Dプリントは耳の交換に最適です。

患者の耳や鼻の部分の3Dスキャンに基づいて、生分解性の金型を作る含むプロセスを想定していて、患者の特徴と一致するものを彫ります。

ゲル、軟骨粒子および腹壁から採取した脂肪幹細胞を金型による生体適合性材料で満たすのです。

3Dレイヤー・バイ・レイヤーで印刷し、耳や鼻が形成され、皮膚のビットの助けを借りて、顔の上に縫い付けすることができます。
人間細胞作成

今後も医療現場での3Dプリンタ技術の応用が進んでいくことでしょう。


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top