3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

滋賀の3Dプリント・フルオーダーシューズをクリスマスに

滋賀の3Dプリント・フルオーダーシューズをクリスマスに

リバーフィールドシューズ

 

 

究極の履き心地を追及しています。
3Dプリンターで、リバーフィールドメーカーのフルオーダーシューズはいかがですか?

3Dプリントの靴型でピッタリフィットのフルオーダーシューズを作成できます。
このクリスマスに、何より最新のオーダーメイドシューズで新しい新年を迎えましょう。

 
フルカスタムオーダー

 
革靴を作るには靴型(木型)が必ず必要です。
靴型は昔は桜の木で作られていました。桜の木は丈夫で加工がし易いのが主な理由です。
近年はプラスチック樹脂製の靴型が殆どです。靴型は専門の業者に外注して作って貰うのが一般的です。
凄くニッチな業界ですので、靴型1ヶの価格は1万円以上してしまいます。
オリジナルの靴型を作る場合は、2~3万円は必要です。

3Dプリンターの登場は、「忠実な足型を再現して作るフルオーダーシューズ」においてはこれ以上ないツールなのです。
自分の足型ズバリの靴型でオーダーシューズを作るのですからピッタリフィットしない筈が有りません。

3Dプリンター本体は比較的安価で10万円前後で購入出来ます。3Dプリンター使用でフルオーダーシューズの価格破壊が可能です。
3Dプリンターを使用したオーダーシューズの製品は国内ではまだ有りません。多分、全世界でも初めての試みと思います。

 

リバーフィールド本店

 
フルオーダーシューズの現状
インターネット調べでは、靴型から作る「フルオーダーシューズ」 の相場は安くても15万円から、高いお店は30万円以上する値段 も有ります。
「フルオーダーシューズ」は一部の高所得層のものであり、一般庶 民には手の届かない商品の様です。

確かにフルオーダーシューズを販売しているお店は都会の一等地に店舗を構え、更にブランドを 大事にするならば15万円以上はしてしまうのかも知れません。
弊社では「3Dプリンター」で靴型を作り、7万円台で「フルオー ダーシューズ」を販売致します。

3Dプリンターで 靴型が出来るまで
まず、「3Dフットスキャナー(三次元足型自動計測器)」で足型 計測します。
片足わずか約15秒で足の形状を立体的に計測できる 優れものです。
足首から下の甲・踵・つま先・足裏などの片足約 3万ヶ所を計測し足型を正確に再現します。
計測されたデーターは 瞬時に3D表示され、足の立体的な形状が詳細に解かります。
計測したデーターをパソコンのCADソフト(ライノセラス)にて 靴型へ設計します。歪みを微修正し、かかと部を持ちあげます。
最後に「3Dプリンター」にデーターを移し立体プリントします。

 
樹脂性木型作成

 
納期の短縮
3Dプリンターの使用でコストダウンが図れるのは先に説明しましたが、納期も短くなります。
これまで外注で約10日程掛っていましたが、これからは自店で3D靴型を作る事が出来ます。

靴型は片足に2パーツ(前半部・後半部)、両足では4パーツになります。
夜「3Dプリンター」を稼働して帰れば、翌朝足型パーツが出来上がります。昼間も稼働させれば最短2日間で靴型が出来る事になります。
弊社では、既存の「イージーオーダーシューズ」の納期、仮縫い靴 まで約2週間、仮合わせ後約10日の日数で「フルオーダーシューズ」 を作る事が可能です。

 

作成のお申し込みや詳細は公式HPにてご確認いただけます。
http://easyorder-shoes.com/full/


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top