3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

癌治療の為のがん細胞を的確に把握する3Dプリントファントムモデル

癌治療の為のがん細胞を的確に把握する3Dプリントファントムモデル

3Dプリントで個人カスタム癌細胞レプリカ

革命的な医療の分野でのバイオ印刷プロジェクトは、まだスタートしたばかりですが、急速な発展と進化を見せています。

実用的な医療3Dプリントはまだ、主には手術のシミュレーションの為の臓器のレプリカなどにとどまっています。
しかし、人工骨などは実際広く使われるようになり、義手や義足も急速に普及しています。

イギリスの癌研究所は、腫瘍および臓器の3Dプリントパーソナライズレプリカモデルの方法を開発しました。
これらの3Dでファントム腫瘍を印刷し医師がより正確かつ直接的に癌性腫瘍を的確に把握するのです。

癌は日本でも重大な病気の一つとして多く存在し、抗がん剤やレーザー、放射線治療などにより、癌細胞を的確に狙い、消滅させる治療が行われています。

今回、癌性腫瘍が3Dプリンターで作られ、その内臓、静脈など、ストラタシスの3Dプリンタを使用して実現しました。
医師が腫瘍において、いわゆる放射性医薬品がどのように動作するかを正確に理解するための液体を充填します。
放射性医薬品は、癌細胞を殺す特異的な薬物で、経口的に摂取あるいは体腔内に外科的に挿入され、静脈内に注入することができます。
これらは、甲状腺癌、小児および特定の骨腫瘍の神経細胞の癌、前立腺癌の治療の研究に特に有効です。

このパーソナルレプリカの利用で、抗癌剤の周囲の細胞への悪影響を最小にとどめることになります。
これにより、放射線量の観測もできました。
研究チームは、彼らのファントムモデルは実際に完全に患者の腫瘍の形状とその周辺地域を複製できることについて、
数ヶ月前に医学物理ジャーナルに論文を公開しました。

細胞を的確に把握する3Dプリントファントムモデル


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top