3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

盲目の人々が繊細なあらゆる音楽を奏でる為の3Dプリンターによる楽譜

盲目の人々が繊細なあらゆる音楽を奏でる為の3Dプリンターによる楽譜

3Dプリンターによる楽譜

音楽表現で、どのように3Dプリンターが活用されるのか?先日、アメリカのウィスコンシン大学の機械工学大学院生、ウィリアム・アキートが、非常に高貴な音楽的目的を果たすために3Dプリントを活用しました。
盲目の人が、どのように音楽を奏でるのか、これまでは展示の楽譜でしたが、より繊細な音楽の為にこれから3Dプリンターが活躍しそうな気配です。

音楽は視覚障害者にとって貴重な文化芸術の一つです。音楽を再生、再現することは、盲目の愛好家には難題です。これまでは一般的な音楽の点字スコアを使用することに限定されているのです。

盲目のミュージシャンの音楽の学校で博士号を完了したイージ・キムに出会ったときにアキートのインスピレーションは開花しました。キムはピアニストで、複雑なピースは点字のスコアに転送すること不可能だと見いだし、ノートに隆起したシステムを作成していました。アキートはこれを3Dプリンターで作成し、提携しました。キムとアキートは学校活動を含めてコラボレーションをうまく図っています。他大学の学生も参加し、キムは韓国の自宅に戻ったものの、まだ積極的にこれらの楽譜の開発や可読性に関与しています。チームは近い将来に隆起した楽譜の多種多様なデザインを共有できるように願っています。このアプローチは広く浸透するまで時間のかかるものですが、盲目の人たちのそれぞれの手の中に、確実で繊細な音楽を入れています。

全盲のオーケストラ


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top