3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

盲目の人を助けるフィンガーリーダーを3D印刷で実現

盲目の人を助けるフィンガーリーダーを3D印刷で実現

フィンガーリーダー

マサチューセッツ工科大学の科学者は視覚障害を持つ人々が論文、書籍、コンピュータの画面や
その他のデバイスのテキストを読むことを可能にする3Dプリントのオーディオ読み取り装置を開発しました。

盲目でも、リアルタイムに読書やあらゆるデバイスのテキストを指でなぞるだけで、他の人と同じように読解することがこれで可能となります。

プリンタで印刷してできる、FingerReaderは、ユーザの人差し指に装着して使用します。
必要な操作は、指をテキストにあてると、スキャンする小型カメラが装備され、指の動きで言葉を識別し情報を処理するソフトウェアが、
合成音声で言葉を読み込みます。

視覚障害を持つ人々が見えない、印刷されたテキストの直線に沿ってデバイスは振動モータで読者である視覚障害を持つ人々に知らせます。
このソフトウェアの開発には3年間の研究時間がかかりました。
3Dプリンターによる新たな革命が誕生しました。

FingerReaderの携帯性とリアルタイム機能は、これまでにないものです。
国勢調査局によると、視覚障害を持つ米国の11.2万人があります。
まだ市場に提供する価格は未定ですが、3Dプリンターでの作成による、手頃な価格のFingerReaderが視覚障害を持つ人々を現代の情報経済社会へ導くでしょう

盲目の人を助けるフィンガーリーダー


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top