3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

神戸大学の外科医が3Dプリント肝臓癌手術シミュレーションを発表

神戸大学の外科医が3Dプリント肝臓癌手術シミュレーションを発表

神戸大学の外科医が3Dプリント肝臓癌手術シミュレーションを発表

外科医が初めてがんの手術のシミュレーションにおいて使用するための、腫瘍を含む腎臓の正確なスケールモデルを3Dプリントを使用して作り出したと、日本の外科医がストックホルム、スウェーデンの泌尿器科の欧州連合( EAU )会議で発表しました。

腎臓癌はヨーロッパですべての癌の約3 %を占め、成人に多い癌で手術では速さと正確さが特に求められるものです。
神戸大学の外科医は、3Dスキャンおよび3Dプリントを組み合わせ、以前実際の手術で腎臓癌を有した患者の腎臓のスケールモデルを作成しています。

コンピュータ断層撮影(CT )を用いて、患者の腎臓の3Dスキャンし、その情報はストラタシスオブジェコネックス3Dプリンターに送られ、3Dプリントモデルを構築します。
透明モデルは、外科医が患者の血管がその腎臓内に配置された場所を正確に確認することができます。
実際の手術を行う前にロボット制御による腎臓手術でシミュレートすることができ、「この「実践的な」モデルシステムを使用することで腎臓、腫瘍の立体的理解を得た。」
リーダーである研究者、滋賀義之博士は述べています。
「外科医がより小さな領域で動作することを可能にし、腎腫瘍を除去するための手術中に発生した血液供給の中断時間を短くすることは重要だ。」といいます。
この中断時間の通常の平均は22分ですが、3Dプリント腎臓でのはじめの実践で、外科医は1つのケースでちょうど8分を短縮することができました。
「腎臓の一部の除去において、血管の正確な位置を知っていたという事実が非常に私たちを助けたことがわかった」といいます。
「現時点では、500ドルから1500ドルを手術費に追加する、高価な技術でも、今後より広く使用されコストが下がることを願っています。」
スペイン泌尿器科のディレクターであるジョアンソンパロウ教授は「この新しい3Dプリントプロセスは、トレーニングプログラムの一部になることを示唆し、
ロボット手術を進化させ、簡単にすることは新しい方法論として興味深く、困難なケースでは大きな可能性がある。
あらゆる手術は外科医が熟練し熟達していることで、このシミュレーションは私たちにある一番のものだ。」とEAUにコメントしました。

神戸大学の外科医が3Dプリント肝臓癌手術シミュレーションを発表


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top