3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

米ホワイトハウス、ブルールームの美しいクリスマスオーナメント

米ホワイトハウス、ブルールームの美しいクリスマスオーナメント

ブルールーム

数々の歴史を刻んできたアメリカのホワイトハウスの中の、ブルールームでの今年のクリスマスの飾り付けは、3Dプリントによるものです。

クリスマスオーナメントはちょうど大きさも、デスクトップ型の3Dプリンターでも作成しやすく、これから多く多様なデザインと繊細な技術で作られていく事でしょう。
ホワイトハウスでは、現在の政治的指導者であるオバマ大統領の過去最高解像度の3Dプリントによる胸像作製がホワイトハウスで行われました。

この10月に、ホワイトハウスはスミソニアン博物館、スミソニアン3Dプリントのイベントで、3Dプリントオーナメントチャレンジをしました。
イノベーター、メーカー、米国各地から学生達が、ウインターシーズンやクリスチャンをテーマにしたデザインを3Dプリントするために招待され、
全体のエントリ数百のうち、20のデザインがファイナリストとして選ばれました。
設計はSmithsoniant3D Xプラットフォームに表示され、アメリカ史のスミソニアンの国立博物館の政治史部門の一部となります。

3Dプリントが、特に欧米では革新的に製造技術に影響を与えるものとして、開発、研究利用があらゆる分野で進んでいます。
今回のブルールームでの3Dプリントによるクリスマスオーナメントの展示も、広くはプロテスタントであるこれまでのアメリカの歴史の一つとして、
期待のかかるクリエイションの一部である3Dプリント技術を世界に紹介していく意味合いも持ちます。

国際宇宙ステーションでも使える、無重力利用の最初の3Dプリンターが到着したという、最近のNASAの発表など、
米国連邦政府機関も、3Dプリントの技術を使用しています。

クリスマスオーナメント


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top