3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

米・ミネソタ州で、3Dプリントによるキャッスルを個人宅庭に建設

米・ミネソタ州で、3Dプリントによるキャッスルを個人宅庭に建設

3Dプリントキャッスル

米のミネソタ州のアンドレイルデンコは大幅に改良・拡張されたプリンタを使用し、3×5メートルのミニチュアサイズのキャッスルを自宅に建設しました。

キャッスルを自宅に建設するという発想は、子供の夢のような部分もありますが、こうした大型建築物の建設が3Dプリントで、
可能になることにより、世界のどの地域でもその建設に関わる人材の派遣や、建築にかかる時間等の大幅な削減とコストダウンを実現します。

このテーマパークのようなプロジェクトは3Dプリントで、現実的建築物を構築したいという要望から生まれました。

エンジニアリングと建築の背景を持つルデンコ氏は、まず彼の幻想的な城をプリントすることにしました。
私の具体的な印刷実験は、約20年前からで当時は、先進的なコンピュータやソフトウェアはこの種の技術には適用していませんでした。
その後、RepRapプロジェクトで、特殊なコンクリート混合物素材を開発し、
彼のキャッスル建築のインスピレーションはアリゾナ州への旅で見た自然レイド層状砂岩からきており、プリント壁に自然な外観を得られました。

RepRapコミュニティからの非常に有用なフィードバックをたくさん受け、実際の建設は、彼自身の設計によります。
この城の価格は$30,000~50,000で販売されています。

中国でも3Dプリンターの家が建設され、米ではスウェーデンスタイルの住宅が来年、宇宙に建設される予定があり、
将来的には本格的家屋が3Dプリントの進化と利用により、実際に広く行われる可能性があります。

3Dプリントによるキャッスルを個人宅庭に建設


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top