3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

米大学と企業が協力して、ゴルフカートに似た3Dプリント車を発表

米大学と企業が協力して、ゴルフカートに似た3Dプリント車を発表

3Dプリントカー

 

アメリカでは、高校の授業に車の免許所得クラスが普通にあります。またパソコンやジャーナリズムなどのクラスもあります。
今回は米の大学が企業と協力して、3Dプリントカーを発表しました。
スマートカープロジェクト
米のローカル·モーターズは、3Dプリント車の商業的範囲内で選ばれたデザインを発表しました。
最初のステップはオートマチックの3Dプリント車です。

ローカル·モーターズ社は、3Dプリント車の分野としては、アリゾナ州を基盤とするパイオニア的会社として知られており、
この度、ミシガン大学が、オートマチックの3Dプリント車を車道で走れるゴルフカートのサイズで実現するため、
SmartCartと呼ばれるプログラムを行っています。

ローカル·モーターズは、3Dプリント車として多くの車をプリントし、開発しており、今回ミシガン大学の研究チームとして、
別の3Dプリントカスタムデザインの車を出品し、記者会見で発表しています。
電気工学とコンピュータサイエンス分野の、このプロジェクトリーダーである、准教授エドウィン·オルソンは、大学のウェブサイトで、
「SmartCartsの目標は、オートマチックで構築された交通オンデマンドシステムの課題を理解するためのものです。」と述べています。
大学キャンパス
来年のコースで、オルソンが率いるチームは、自律駆動能力と、携帯電話のインターフェースを開発する予定です。
車はその後、ミシガン大学のモビリティ変換センターが運営する自動車のテストサイトでテストされます。
この32エーカーのテストが可能なM city は、これらの計画に最適な会場です。

そこで研究者は、オートマチックの実験を行います。
また、車を安全にナビゲートするランドマークの開発なども行います。
大規模に行うのは困難ですが、遊園地、空港やキャンパスで低速輸送システムの最初の目標に到達するために使用することができます。
「我々の焦点は、交通機関におけるシステムです」とエンジニアリングのデビッド·マンソンディーンは言いました。
自己駆動技術を用いた、経済性と本格的な輸送サービスの社会的受容に期待がかかります。

ゴルフカートに似たこの車は、繊維強化ABSボディを印刷することで軽量となり、十分な強度があります。
また本体自体が容易にオートマチックのニーズに合わせて対応します。センサーには新しくコンポーネントを印刷する必要があります。
ミシガン大学
SmartCartプログラムには、モビリティ変換センターで1年間資金を供給されており、ミシガン州のキャンパスで長いテストシーケンスに進む予定です。

 


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top