3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

繊細でエレガントな3Dプリントによるテキスタイルの作成

繊細でエレガントな3Dプリントによるテキスタイルの作成

3Dプリントによるレース生地

数週間前にニューヨークファッションウィークやクリスティーズで3Dプリントの大胆な作品が出品されました。

3Dプリントはファッションの分野でも少しずつその技術を進化させ、本格的になってきています。
大掛かりな織機などを用いない3Dプリントによる織物や服飾の分野の開発は、その革命的な大胆なテキスタイルパターンや、そのルックスに注目が集まる分野です。
オブジェクトテキスタイルと言われる3Dプリントによる生地は、実際の織物とは、まだ比べられるレベルではなく、固体のレイヤーで構成されています。

応用科学のニーダーライン大学で繊維·衣料品·テクノロジー学部の、R.メリニコフ、A.Ehrmannと、K.Finsterbuschから成る科学者チームの最近のプロジェクトは、
3Dプリント技術を用いたフィラメントレイヤーによる織物構造の生成です。

LAYFELT(LayTekkks)材料で印刷するレースパターンは、ベース層上に花や丸い要素を含む、プラウエンのレースなど柔軟なものは、
FDM3Dプリンターで生成でき、数分〜数時間温水に浸漬する方法をとっています。
3Dプリント横糸ニット構造 は、混合の横糸編み構造にブレンダーや、Adobe IllustratorによるCADモデルに基づいたものです。

数学的なパターンを見せる3Dプリントのテキスタイルは、将来的な技術の発展によって本格的に一般の衣料、服飾にも既に登場し、
通販でもビキニなどが購入できますが、あまり実際的とはいえません。
それはその生地の性質の未熟さによるものです。

このような柔軟な材料は、将来的に実際の織物を印刷するための鍵を握ることができるとドイツのチームは信じています。
確かにABSでは微細構造のため、あまりにも脆いことが判明しており、硬いPLAは、同様にSLS印刷に用いられるナイロンのような典型的な織物用途には適していません。

ソフトPLAなどのフィラメントで、BENDLAYなどは丈夫で、耐久性のある材料との組み合わせで織物ベースの構造を再現できます。
二つ以上のノズルがあるFDM3Dプリンターはすでに利用可能です。
これはまだ実験で、これまでのウェアラブルで実際着こなせる織物のように緻密で丈夫なものはまだ生まれていません。

3Dプリントによるレース生地


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top