3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

義手”ロボハンド”の大型の3Dプリンター工場が開設されました

義手”ロボハンド”の大型の3Dプリンター工場が開設されました

ロボハンド

3Dプリンターで作られる、ロボハンドは、現在世界中の多くの人々に支持される義手のひとつで、
手首の動きなどにあわせてそれぞれの指が動き、物をつかんだり字を書いたりできる優れた、安価な製品です。

3Dプリンターで作成されるロボハンドのモットーとして、多くの人々にそれをどのように製造、組み立てるかを教えたいと考えています。
もともとのロボハンドと同じ高い水準と品質をできるだけ多くの人々に提供したいという理念です。

2012年に最初のロボハンドの試作品が公開されました。
2013年の時点ではロボハンドは世界中の二百人以上の人々の手にフィットしています。

現在、ロボハンドは戦略的提携をマルバーンアーカンソー州のOuachitas大学と結び、
この大学は53台の Makerbot Replicator2の3Dプリンターを所有しており、二つのグループをもっています。

そして2014年6月25日にロボハンド印刷ファームを起動します。

ロボハンドという機械装置を作成する3Dプリンターを使用する新しいカリキュラムも、同時に開発しながら、国際的に認定されるものとして完成させる予定です。
ロボハンド印刷ファームを持続させるため、「オープン時間」を持ち、人々の自由なデザインによる3Dプリントも行います。
これは世界最大のロボハンド印刷ファームになります。

義手の持つイメージは、製作が困難で、成長に合わせて再度製作の必要な高級なものですが、
この3Dプリンターによるロボハンドの登場で、世界中の義手を必要とする人々に明るい光をもたらしています。

大型の3Dプリンター工場


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top