3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

肝臓から毒素を除去するための3D印刷ナノ技術

肝臓から毒素を除去するための3D印刷ナノ技術

3Dプリントの無害化装置

カリフォルニア大学の研究者が、ヒトの肝臓の機能に基づき、血液から危険な毒素を除去するための、3Dプリントの無害化装置を開発しました。

デバイスは、動物咬傷や刺傷、細菌感染から生じる病気の重要な要素である細胞膜を損傷する可能性のある孔形成毒素を防ぐのにナノ粒子を使用しています。
ナノ粒子は、すでに血液中の孔形成毒素を中和するのに有効ですが、これらのナノ粒子が効果的に消化することができない場合には肝臓に危険となります。

ナノ工学教授Shaochen陳が率いる研究チームは、肝臓の構造と機能を模倣した、3Dプリントヒドロゲルマトリックスを作成しました。
血液から毒素を感知・誘引するよう設計され体外で使用されるように設計された装置は、現在概念の実証段階にあります。

「生体適合性ハイドロゲルで機能的なナノ粒子をカプセル化するために、3Dプリントを使用するのは新しい。」とチェン博士は言っています。
2012年に、陳氏のチームは、ソフトな生体適合性ハイドロゲルのから、数秒でマイクロスケール3次元構造を作製することができるDOPsL技術を実証しています。

血管系を印刷する機能がなければ、人工肝臓や腎臓は、再生医療などには役に立ちません。
プロジェクトは、全米科学財団の国立衛生研究所により、4年間150万ドルの助成金などによってサポートされています。
彼らの調査結果はジャーナルネイチャーに5月8日発表されました。

3Dプリントナノ技術


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top