3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

脳波に反応するシナプスヘッドピースと、今後の3Dプリンターの可能性

脳波に反応するシナプスヘッドピースと、今後の3Dプリンターの可能性

シナプスヘッドピース
ハロウィンなどのフェスティバルでは、すでに全身を覆うボディスーツや、仮面、マスクなどが3Dプリンターにより印刷され、世界の所々で喜ばれています。

しかし、今回制作されたのは、バイオプリンティングともいえる、このシナプスヘッドピースです。
これは非常に繊細で、着用者の脳の活動に反応するという機能をそなえています。

アメリカの南カリフォルニア大学のベンハス・ハライは、デザイナーで建築家です。
アネンバーグ・フェローとともに、このシナプスヘッドピースを開発しました。
彼がウェブページで紹介するこのヘッドピースは、第二の皮膚の人の体の形状変化構造を生成し、複数材料を3Dプリンター「で使用します。

修正されたNeuroSky社EEGチップが記録し、瞑想状態の着用者の脳波を分析するチップを、マインドフレックスヘッドセットが、シナプスの内側に配置され、それは記録可能です。
データ内では、アテンション、瞑想、デルタ、シータ、ローアルファ、高アルファ、低ベータ、高ベータ、低ガンマ、およびHighガンマ値をチップが収集し、
分析したデータが、ヘッドピースの動きと照明に変換されます。

この全体のセットアップは、Object Connex5003Dプリンタを使用して作成された非常に柔軟性のある3Dプリント構造です。
ソフトとハードの構造は3Dプリンターの単一の印刷で製造しました。
こうした繊細な人間の脳の活動などによって反応、動作するヘッドピースや義手などの3Dプリントは、
これからも多様にバラエティをふやし、様々な福祉や娯楽への広がりを見せ続ける事でしょう。

インテルシナプス3Dプリントドレス


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top