3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

自己学習して動作する3D印刷ロボットが危険区域で活躍する時代

自己学習して動作する3D印刷ロボットが危険区域で活躍する時代

自己学習3Dロボット

情報のオスロ大学の学部の研究チームが、シミュレーションプログラムによる3Dプリントにより、予測不可能な障害にも適応するロボットを開発しました。

これらの自己改善ロボットが危険区域である放射性サイト、深い鉱山、遠くに存在する惑星など過酷な状況での適応が可能となります。
3Dプリンターにより微細な構造のロボット部品等の制作が可能であるという特徴から、こうしたロボットの制作が実現しました。

准教授Kyrre Glette AYは、たとえば不測の階段などにおいて、ロボットが新たな部品を作り、適応し階段ものぼれるよう写真を撮るなど、状況を分析します。
オスロ大学のロボット工学と知能システム研究チームは、何年も調査し、すでに自己学習ロボットの三世代を開発しました。
愛情という名前の最初のロボット、アンリエットは歩き、鶏のようにジャンプすることを学習しました。
それは足を失ったらすぐに適応し、他に飛び乗るようになりました。

シミュレーションプロセスをとり、研究者が入力します、その後、実行シミュレーションプログラムを利用し(例えば、速度、大きさ、エネルギー消費、ロボットの機能など)、
動作します。

オスロ大学の研究者は、一見極端に複雑な構造の構築を可能にする貴重な技術として3Dプリントを賞賛しています。
それは自己強化ツールとしてのロボットに組み込むことができます。研究者によると、実世界の練習は、
ロボットの性能を20パーセントから40パーセント向上させることができます。
最終的な3Dプリント自己改善ロボットの将来のモデルは、進化し完全に自律的となることを願っています。
3Dself-learning robot


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top