3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

薬は家でプリントアウトする時代が近いかもしれません!

薬は家でプリントアウトする時代が近いかもしれません!

3Dプリンターで薬をプリントアウト

台湾の研究者カルバン・ユウ・チェンの「 DrugPrinter :瞬時にあらゆる薬物を印刷」という2014年の論文では、
drugprinterはオールインワンの3D分子レベルプリンタで、ワンステップで化合物を原子単位で薬を合成する光ピンセットにより作成でき、それは100%高速の収率で、無副産物としています。

ここにワンステップで任意の化合物を印刷するDrugPrinterのプロトコルが提案されており、デノボ化合物は、クラウド·コンピューティングビッグデータによって設計でき、
データベースから最適な合成条件を検索することができます。化合物は、多くの小さな原子炉でワンステップで製造されます。

チェンは彼らのチームが5年以内に利用可能なDrugPrinterのプロトタイプを作るだろうと予測し、DrugPrinterのビッグデータにおいて、
ユーザーが所望の化合物をアップロードできるようにiScreenと統合された
Webサーバと呼ばれる世界初のインテリジェントクラウド·コンピューティングの薬剤スクリーニングシステムを構築したそうです。
この高速で精密な製品での試薬スペアリング、エコ、多品種、ナノ加工技術は、現在の製薬に多大な影響と革命をもたらすでしょう。

2012年には、グラスゴー大学の科学者リー・クローニン教授は、分子レベルでの化学化合物の組み立て可能な3Dプリンターを試作しました。
「 chemputer 」と呼ばれる化学3Dプリンターを使用して、それらが化学反応を開始するために、3D- reactionwareマトリックスに試薬を直接印刷するのです。
クローニンによると、ユーザーは、自分のデジタル処方箋を持ってオンラインドラッグストアに行き、安全なカートリッジに密封された「青写真」と化学「インク」と、
ソフトウェアと3D分子を買い、家で薬物を3Dプリントすることになるということです。
技術の進歩により本当にそうなるかもしれません。

(www.3ders.org)より
3Dプリンターで薬をプリントアウト


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top