3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

裏千家、茶道と3Dプリンターアートの融合と、公開

裏千家、茶道と3Dプリンターアートの融合と、公開

茶道と3Dプリンターアート

日本の代表的な文化、茶道は日本全国で受け継がれる伝統的文化の一つです。

YouTubeでも人気のTEDx東京2014で、日本人アーティストの小林岳人氏は、ニューヨークのラッパーと提携して、
3Dプリンターで華道、茶道に組み合わせた発想でオブジェをTEDで公開しました。

ティーマスターは芸術品や工芸品の学芸員ともいえます。
そして今回、その伝統文化に斬新なアイディアで文化の表現を実現しました。

小林岳人による「裏千家」は、独自に彼の茶道を開発し、今回、重要な役割を3Dプリントの技術を駆使して見せ、また茶室も用意しています。
これらのオブジェクトの作成では、アーティストがマテリアライズEOSプリンターを使用し、作業は日本の3Dプリント会社DMM.makeと共同で行われ、
光波3Dソフトウェアを使用して設計されています。

このプロジェクトXSENSEの一部で、小林岳人のパートナーの絵画が鼓舞し、さまざまな3D作品に色を与え、
これら流儀を含めたすべての公開により、日本のサブカルチャーを再定義しています。
その日本文化を縄文時代にまでタイムスリップし、再構築された3Dプリンターを利用した新しい文化ともいえます。

日本にまだある、古き良き文化は、フランスをはじめ、多くの国で洗練されたものとして、紹介され、未だに続いています。
また茶道の抹茶や、和菓子などの食文化も、その栄養バランスや味わいで世界に広く認められているものの一つです。

世界遺産として、日本全国各地に多く認定されている観光地なども、日本人として、世界に誇れるものとして注目を集め、多くの観光客を集客しています。

その文化のコンセプトに、正確で多くの人を感銘させるものがある限り、今回の3Dプリンタによる茶道の公開のように、
いろいろな形に変様しながら、人々に日本からの心を訴えかけていくことでしょう。

茶道と3Dプリンターアート


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top