3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

触覚技術と3Dプリンターのメディカル的利用法

触覚技術と3Dプリンターのメディカル的利用法

3Dホログラム

現在主流の触覚によるテクノロジーとは、タッチタップして、通信や音楽を可能にする技術のことです。

スマートフォンなどのキーは指で入力したすべての文字や絵により話題を送信できます。
Wiiコントローラなら、指、手と手首を通して送信します。

科学者たちは、触覚フィードバックを利用した、超音波の新しい技術を発明しました。
これは、物理的およびインタラクティブな存在をデジタル情報への変換などで、空中に表示された3D触覚形状で行われます。

通常、会話の中のジェスチャーで、話の内容に出てくる人物や物を人間が把握する、それを今回は3Dプリンターにも導入するのです。
素手を使って触覚フィードバック技術を体験することで、実際の物体の形状を把握します。
超音波3次元触覚形状技術から発生する可能性のある潜在的な生態系を正確に材料のパレットに感じ仮想3Dオブジェクトをシミュレートし、選択することができます。
これは、3Dプリント業界に多大な影響を与える事です。

ブリストル大学の研究者は、ゲーム体験に「運動感覚ホログラム」として、ゲームの特徴、
またはオブジェクトを感じ、デジタルで、物理的な移動を必要とせずに世界を仮想体験できるようになる可能性があるといいます。

医学では、物理的に腫瘍の形状を感じ、胎児の物理的な異常を探索できます。
効果は、超音波による音響放射力により、音響波の散乱および吸収でオブジェクトを打ったときに音波がどのように動作するかを観察することで、
対象物の形状を推定します。

その後私たちの手の上に超音波の複雑なパターンを集中することで、研究者は両方が皮膚に感じた3次元形状をフローティングで見る空気の乱れを作成しました。
バーチャルリアリティ、ホログラム、ハプティック技術、3Dプリント、スキャン、モデリングソフトウェアは、
未知の形で物理的およびデジタルデータ構造の間の基本的合成を作成しています。

3Dウルトラサウンドホログラム


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top