3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

足の痛みを3Dプリンターのサポーターで和らげることができる

足の痛みを3Dプリンターのサポーターで和らげることができる

足の痛みを3Dプリンターのサポーター

EUが資金提供するプロジェクトとして、3Dプリンターを使用したカスタマイズの足のサポーターがあり、すでに発売されています。

2億人程度のヨーロッパ人が、足や足首の健康状態で苦しんでいます。
欧州の保健サービスは、これらの患者の治療として、インソールやフットサポートなどの費用に3億ユーロ以上ものお金を費やしています。

カスタムメイドのフットサポーターは効果的な治療ができ、大量生産できます。
EUが資金提供するプロジェクトA-フットプリントは、より速くそれぞれの患者の足に合わせたカスタマイズサポートの方法を開発しました。
3Dプリントの製造技術により、足をサポートするオブジェクトをプラスチックの薄い層で構築します。

フットプリントの研究者は、足と足首の障害を持つ患者と健康な成人について、最も正確なモデルを開発するため、
足の動きの洗練されたリアルタイム画像で、これらの3Dプリントデータを組み合わせました。

モデルを用い解剖学的に重要な患者の足のポイントにマークし、3Dでスキャンします。
足裏の圧力点の分析と組み合わせたこれらの運動は、プロジェクトの情報システムによって記憶され、
プロジェクトのソフトウェア(POD-CAD)を用いてカスタムメイドのサポーターを3Dプリントします。
Aフットプリント·プロセスは一日で作成でき、他製品には比較できない速さです。

クジャクメディカルグループ、プロジェクトパートナーは、すでに足装具の製品を販売し、プロジェクトの他のパートナーと連携してライセンスを取得しています。
プロジェクトの足モデルはインソール以外の、義肢、インプラントなど、生体力学的研究用途のために使用することができます。

足の痛みを3Dプリンターのサポーター


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top