3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

軟骨を3Dプリントして移植する方法

軟骨を3Dプリントして移植する方法

3Dプリント軟骨

変形性関節症は世界で最も一般的な関節疾患で、治療により関節炎の症状を和らげることはできますが、

重度の関節炎患者の多くは、最終的には関節置換が必要です。

「変形性関節症は、生活の質に深刻な影響があり、病気の原因を理解し、効果的治療法の開発を進めるべきだ。
それは組織工学·再生医学研究で最も明るい将来展望の一つを表しています。」とピッツバーグ大学、
細胞および分子工学センターの医学博士、医学ディレクターのロッキー・トゥアンはいいます。

トゥアンと彼のチームは、患者自身の幹細胞に由来する交換用の軟骨を製造し、
それは関節内に追加することができます。
3Dプリンターが、その形状を保持する溶液中に埋め込まれた幹細胞の薄い層を押し出し、増殖因子を提供します。
この研究開発が進めば、多くの重度関節炎患者が救われます。

トゥアンの方法は、細胞に有害なUV光とは対照的に、可視光を使用するという利点があるのです。
研究室では3Dプリントで「組織·オン·チップ」のレプリカを作り、新薬を開発しています。
次のステップとしてチームは彼らが以前に開発したナノファイバー紡糸技術に
3次元印刷法を組み合わせた開発があり、さらに密接に自然の軟骨に似た人工軟骨の作成に取り組んでいます。

3Dプリントの造形が医学にも直接的な進歩を与えています。
3Dプリント軟骨


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top