3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

軽量の3Dプリンター素材による、3D印刷ジェットエンジンができました

軽量の3Dプリンター素材による、3D印刷ジェットエンジンができました

軽量の3Dプリンター素材による、3Dプリントジェットエンジンができました

米のゼネラル・エレクトリック社、GEでは、伝統的な技術や細かい部品の製造のため、レーザー駆動の3Dプリンターとその他の高度な製造ツールを使用しています。

3Dプリントにおいて、刻々のその精度や技術が進み、医学・航空・宇宙開発にも、広く3Dプリント技術を適用し始めており、
特にアメリカではその進歩と発展は目を見張るものがあります。

GEの航空部門、ジェットエンジンで世界最大級のサプライヤは、ジェットエンジンで使用する燃料ノズルの製造で3Dプリント技術を使用しています。
GEが$ 50M(5000万ドル)を投資しているアラバマにおいて、工場は次世代のLEAPジェットエンジン用の燃料ノズルを生産し、
3次元印刷による製造工場で、次世代のボーイング777X長距離旅客機にインストールされる、GE9Xエンジン、世界最大のジェットエンジンを製造しています。

新工場の3Dプリントを使用した製造法では、3Dコンピュータ図面から直接部品を印刷する、直接金属レーザ溶融(DMLM)の方法を用いています。
このプロセスでは、20ミクロンほどの細さの堆積層で、ハイパワーレーザーにより,微細な金属粉末の薄層を溶融します。しかし、

GEnxのエンジンの軽量タービンブレードを製造するため、GEは、別の画期的な三次元印刷プロセスを使用する予定です。
GEは今年後半のGEnxエンジン用の3Dプリントブレードのテストを開始した後、GEはボーイングの次世代長距離プレーン用に開発された
新しいジェットエンジンGE9Xは、777X長距離旅客機に使用されます。

軽量の3Dプリンター素材


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top