3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

農業に新しく3Dプリンターの技術が適用できます

農業に新しく3Dプリンターの技術が適用できます

農業に新しく3Dプリンターの技術

世界で日一刻と増加し続けるこの人口に比例して、必要となってくる食料生産、供給問題について、
農業産業は遅れをとらないように、生産の向上を追求していくべきです。

この問題のソリューションにカリフォルニアベースのエンジニアロリー·ランドンアロンソンが取り組み、オープンソースを確立しました。
それはFarmbotと呼ばれ、3Dプリンターから作られた農業機械です。

Farmbot自体は3Dプリンターではありません。
それはCNCフライス盤とCarthesian3Dプリンターに似た物です。

FarmBotは、オープンソースでスケーラブルな自動化された精密農業機械のソフトウェアパッケージで、
3DプリンターのようにX、Y、Z方向を採用してスケーラブルフレームから構成され、シード注入器、プラウと水ノズルのような
農業出力に必要なセンサや、デバイスを装備できます。
FarmBotツールヘッドは、正確にそのような整地、播種、散水施肥、雑草防除、およびデータ収集に配置されます。

Farmbotは、単純で、拡張性のあるウェブベースのソフトウェアで容易に植物、ファームサイズや技法に適応できます。
ソフトウェアは、選択的に水やりや野菜の収穫に必要な時間やコストを削減し、植栽能力を最大化し、食糧生産の全体のスペクトルのカバーを目指しています。

以下は、FarmBot固有の利点です。

・機械効率的な方法で植物栽培

・散水、噴霧、シードスペーシングなどの操作を最適化する

・完全な自動化と24時間365日操作可能

・無制限のファームデザイン

・データ駆動型の意思決定と「スマート農業」の「ビッグデータ」の収集と分析

・空間効率のレイアウト能力

・工業用動作にバックシステム

・食糧生産の民主化と地方分権への可能性

・ハッキングに文書化、オープンソース、およびアクセス

・正確なスプリンクラー

Farmbotは、3Dハードウェアとソフトウェアによるオープンソースシステムです。
このプロジェクトビジョンは、食物を育てるための技術を作成、提供することです。

Farmbot3Dプリント技術のこの非常に実用的なアプリケーションは、今未来の世界の人工増加による食料問題という
基本的で重要な問題解決機能の一つとして注目されています。

農業と3Dプリンター


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top