3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

金属製の”REASON”というニックネームの銃が3D印刷できる

金属製の”REASON”というニックネームの銃が3D印刷できる

金属製Reason

プラスチックの3Dプリント銃の不法制作・逮捕劇が、今年日本で展開されました。

3Dプリンターが去年から特許が切れたことにより、格安でオンラインやヤマダ電気でも3Dプリンターが購入できるようになりました。
同時に不法なものやマニアックすぎるものを作成し、逮捕されることもありがちです。

銃器の作成は、特に銃の保持が禁止されている日本では、銃器の3Dプリント用のデータをダウンロードしたり作成すること自体を禁止する特別なソフトも開発されました。
しかし男性は子供時代からゲームや映画などの影響で銃の作成には興味の集まるところです。

金属銃は現在、すでに3Dプリントすることが可能となっています。
約一年前、 33種類の金属成分から成る1911メタルピストルが3Dプリントで焼成可能であることが証明されました。
「REASON」というニックネームももちます。

世界初の3Dプリントの銃開発は、ソリッドの概念が採用されているエリック·Mutchler社です。
オンライン報告とは異なる厳密なプライベートプロジェクトで制作は進められた複雑なデザインをもっています。
ハンドルはステンレス鋼の部品から作られ、本物と見た目はそう変わりません。
また、チャンバ10ミリメートルの弾薬と缶はCAD技術によります。トリガーはMutchlerの初期デザイン’M’のようなフィギュアです。

欧米では未だに銃を自宅の身近なところに所持している人も大勢います。
実際、窃盗や銃を用いた犯罪の多い地域も多く、銃には銃をもって防衛するというその土地での常識があります。

日本では警官の銃による自殺などが時折ニュースで見かけられますが、アメリカのように時に子供や不法侵入者の教育施設などでの発砲による多量死のような事件は日本ではまだおこっていません。
子供のゲームやアクション映画で見慣れた銃ですが、その殺人、障害の簡易性と、見た目の精巧な作りは興味の対象となります。
日本での刃物での犯罪はもし、銃が簡易に製造できれば、簡単に銃にとってかわるという危険性をもっています。

金属製Reason


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top